カレンダーからスケジュールを呼び出す

広告

カレンダー画面で指定した日付のスケジュール登録用のアイコンをクリックするとスケジュール画面が表示されるように変更します。

具体的にはカレンダー内に表示されているアイコンを作成する時に「NewSchedule」へのリンクをアイコンに対して張ります。またパラメータとして年月日を設定しておきます。

/* スケジュール登録へのリンクを設定する */
protected String createScheduleStr(int year, int month, int startDayNo){
  StringBuffer sb = new StringBuffer();

  sb.append("<tr>");

  for (int i = startDayNo ; i < startDayNo + 7 ; i++){
    if (calendarDay[i] > 35){
      /* 前月及び翌月の箇所にはアイコンは表示しない */
      sb.append("<td class=¥"sche¥"></td>");
    }else{
      sb.append("<td class=¥"sche¥">");
      sb.append("<a href=¥"/schedule/NewSchedule");

      /* パラメータの作成 */
      sb.append("?YEAR=");
      sb.append(year);
      sb.append("&MONTH=");
      sb.append(month);
      sb.append("&DAY=");
      sb.append(calendarDay[i]);

      sb.append("¥">");
      sb.append("<img src=¥"./img/memo.png¥" width=¥"14¥" height=¥"16¥">");
      sb.append("</a>");
      sb.append("</td>");
    }
    sb.append("</td>");
  }

  sb.append("</tr>");

  return (new String(sb));
}

パラメータは「?パラメータ名1=値1&パラメータ名2=値2&パラメータ名3=値3」の形式で呼び出すサーブレットの後ろに記述します。

修正したプログラムは次のようになります。

MonthView4.java [HTMLで表示]

コンパイルして作成されたクラスファイルを「(root)¥WEB-INF¥classes¥」ディレクトリに配置します。

D:¥servlet-sample
   |
   +--schedule
       |
       +-- (top.html)
       |
       +-- WEB-INF
       |    |
       |    +-- classes
       |          |
       |          +-- (MonthView4.class)
       |          |
       |          +-- (NewSchedule1.class)
       |
       +-- img

また作成したサーブレットを呼び出せるように「web.xml」を次のように書き換えます。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee
   http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
  version="2.4">

  <servlet>
    <servlet-name>MonthView</servlet-name>
    <servlet-class>MonthView4</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>MonthView</servlet-name>
    <url-pattern>/MonthView</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>NewSchedule</servlet-name>
    <servlet-class>NewSchedule1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>NewSchedule</servlet-name>
    <url-pattern>/NewSchedule</url-pattern>
  </servlet-mapping>
</web-app>

それではブラウザで「http://localhost:8080/schedule/MonthView」へアクセスします。次のように表示されます。

スケジュール管理

例えば画面の8日の所にあるアイコンには次のリンクが設定されています。

http://localhost:8080/schedule/NewSchedule?YEAR=2006&MONTH=10&DAY=8

アイコンをクリックすればスケジュール登録画面が表示されます。

スケジュール管理

呼び出される「NewSchedule」サーブレットにはパラメータとして年月日の値が渡されてきます。次のページでパラメータの値を読み取り、スケジュール登録のデフォルトの値として設定するようにしてみます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)