サーブレット(Servlet) / JSP入門

広告

サーバ側で動作するJavaアプリケーションを作成するにはサーブレットやJSPを使います。サーブレットとJSPは基本的に同じことを行いますが、サーブレットはJavaプログラムと同様に作成するのに対し、JSPはPHPのようにスクリプト言語のような記述します。そこで画面表示部分の作成にはJSPが適しており、データベースとの接続などバックエンドで動く部分はサーブレットで作成するのが適しています。

ここではサーブレット及びJSPの使い方に関して具体的なサンプルを使いながら確認していきます。

なおサーブレットやJSPはサーバ側でJavaアプリケーションを作成するための仕様であり、実装したアプリケーションとして無料で提供されているTomcatを使っていきます。TomcatはWebサーバとしての機能も持っておりTomacat単体で試していきますが、Apacheなどと組み合わせる場合は『Tomcatとの連携(mod_proxy_ajp)』を参照して下さい。

サーブレット(Servlet)入門
サーブレットのサンプル

サーブレットを使って簡単なアプリケーションを作成していきます。

JSP入門

Tomcat上でJSPを利用するための各種設定方法を確認していきます。

Jakarta Commons FileUploadの使い方

Jakarta Commons FileUploadは、Jakarta Commonsの中の1つでサーバへのファイルアップロードを行う時に利用します。ここではJakarta Commons FileUploadのインストール方法から実際の使い方までを見ていきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)