スケジュールの削除

広告

登録済みのスケジュールの削除を行います。削除するにはスケジュールの確認画面から「スケジュールの削除」をクリックすることで削除するかどうかの確認画面を表示した上で削除するようにします。

新しく「DeleteCheck」サーブレットを作成します。パラメータとしては「id」カラムの情報を受け取ります。

DeleteCheck1.java [HTMLで表示]

パラメータとして受け取った「id」から登録済みのスケジュールの情報を取り出し表示します。削除の再確認を行い「削除する」ボタンがクリックされたら「ScheduleDelete」サーブレットを呼び出します。

「ScheduleDelete」サーブレットを呼び出し時は「id」の他に「year」と「month」の値もパラメータとして渡します。スケジュールの削除には必要無いのですが、スケジュールを削除した後に戻す画面がカレンダー画面になり、カレンダー画面の表示に「year」と「month」の情報が必要になるためです。

作成した「ScheduleDelete」サーブレットは次の通りです。

ScheduleDelete1.java [HTMLで表示]

コンパイルして作成されたクラスファイルを「(root)¥WEB-INF¥classes¥」ディレクトリに配置します。

D:¥servlet-sample
   |
   +--schedule
       |
       +-- (top.html)
       |
       +-- WEB-INF
       |    |
       |    +-- classes
       |          |
       |          +-- (MonthView6.class)
       |          |
       |          +-- (NewSchedule5.class)
       |          |
       |          +-- (ScheduleInsert2.class)
       |          |
       |          +-- (ScheduleView1.class)
       |          |
       |          +-- (EditSchedule1.class)
       |          |
       |          +-- (ScheduleUpdate1.class)
       |          |
       |          +-- (DeleteCheck1.class)
       |          |
       |          +-- (ScheduleDelete1.class)
       |
       +-- img

また作成したサーブレットを呼び出せるように「web.xml」を次のように書き換えます。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee
   http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
  version="2.4">

  <servlet>
    <servlet-name>MonthView</servlet-name>
    <servlet-class>MonthView6</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>MonthView</servlet-name>
    <url-pattern>/MonthView</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>NewSchedule</servlet-name>
    <servlet-class>NewSchedule5</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>NewSchedule</servlet-name>
    <url-pattern>/NewSchedule</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>ScheduleInsert</servlet-name>
    <servlet-class>ScheduleInsert2</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>ScheduleInsert</servlet-name>
    <url-pattern>/ScheduleInsert</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>ScheduleView</servlet-name>
    <servlet-class>ScheduleView1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>ScheduleView</servlet-name>
    <url-pattern>/ScheduleView</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>EditSchedule</servlet-name>
    <servlet-class>EditSchedule1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>EditSchedule</servlet-name>
    <url-pattern>/EditSchedule</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>ScheduleUpdate</servlet-name>
    <servlet-class>ScheduleUpdate1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>ScheduleUpdate</servlet-name>
    <url-pattern>/ScheduleUpdate</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>DeleteCheck</servlet-name>
    <servlet-class>DeleteCheck1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>DeleteCheck</servlet-name>
    <url-pattern>/DeleteCheck</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <servlet>
    <servlet-name>ScheduleDelete</servlet-name>
    <servlet-class>ScheduleDelete1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>ScheduleDelete</servlet-name>
    <url-pattern>/ScheduleDelete</url-pattern>
  </servlet-mapping>
</web-app>

それではブラウザで「http://localhost:8080/schedule/MonthView」へアクセスします。次のように登録されているスケジュールが表示されます。

スケジュール管理

各スケジュールにはリンクが設定されています。「7日」の「予定テスト」と言うスケジュールをクリックします。すると次のように既に登録されているスケジュールが表示されます。

スケジュール管理

「スケジュールの削除」をクリックして下さい。削除の確認画面が表示されます。

スケジュール管理

削除して問題が無ければ「削除する」をクリックします。

スケジュール管理

スケジュールが削除され、カレンダー画面が表示されます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)