文字列リソースの登録

広告

まずは文字列のリソースです。プログラム中で記述できる文字列などを定義します。定義した文字列はプログラム中やレイアウトXMLファイル内で参照を行うことができ、その時は「java.lang.CharSequence」インターフェースを実装したクラスのオブジェクト(Stringクラスなど)として取得することが出来ます。

文字列のリソースはXMLファイルの中に記述していきます。XMLファイルの配置場所はプロジェクトの中の「res/values」ディレクトリの中です。

文字列のリソース

プロジェクトを作成するとデフォルトで「strings.xml」というファイルが作成されています。サンプルなどでは文字列のリソースは「strings.xml」と言うファイルに記述していますがXMLファイル名は任意です。今回は「str.xml」と言う名前で別途XMLファイルを定義してみます。

XMLファイルの記述方法

それではXMLファイルの中身を確認していきます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
</resources>

1行目はXML宣言です。XMLのバージョンと使用する文字エンコードを設定します。XMLファイルは文字コードを「UTF-8」で記述して下さい。そしてルート要素として<resources>を記述します。

次に子要素として<string>要素を定義します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="resource_name">string_value</string>
</resources>

まず定義したリソースに対するリソース名を「name」属性を使って記述します。そして登録する文字列を<string>要素の内容として記述します。例えばリソース名として「hello_msg」、内容として「Hello Android」として登録する場合は次のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="hello_msg">Hello Android</string>
</resources>

複数の文字列を登録する場合は<string>要素を複数登録して下さい。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="hello_msg">Hello Android</string>
    <string name="bye_msg">Bye Android</string>
</resources>

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)