エミュレーターの起動とアプリのインストール

広告

コマンドラインからエミュレータを起動し、アプリをインストールした後で実行するまでの手順について解説します。

1.エミュレータの起動
2.アプリケーションのインストール
3.アプリケーションの起動

まずはエミュレータを起動します。コマンドラインからエミュレータを起動するには「emulator」コマンドを使います。書式は次のとおりです。

emulator -avd 名前

名前にはあらかじめ作成しておいたAVD(Android仮想デバイス)の名前を指定して下さい。

※仮想デバイスの作成については「androidコマンドを使ったAVDの作成」を参照して下さい。

今回はAVDとして「avd_4」を使用します。次のように実行して下さい。

emulator -avd avd_4

p4-1

※ あとから別のコマンドを実行するので start を付けて次のように実行した方が便利です。

start emulator -avd avd_4

エミュレーターが起動します。

p4-2

起動したエミュレーターに対して作成したアプリケーションをインストールします。インストールするには「adb install」コマンドを使います。書式は次のとおりです。

adb install /path/to/your/application.apk

今回の場合は次のように実行します。

adb install ./bin/Bye-debug.apk

p4-3

これでアプリケーションがインストールされました。

ではエミュレータ上でアプリケーションを起動します。エミュレーターに表示されている下記の箇所をクリックして下さい。

p4-4

アプリ一覧の中に先程インストールした「ByeActivity」が表示されていますのでクリックして下さい。

p4-5

アプリが起動し、画面に「Hello World, ByeActivity」と表示されます。

p4-6

以上でコマンドラインからプロジェクトを作成し、アプリケーションのインストールと実行までを確認できました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)