androidコマンドを使ったAVDの作成

広告

EclipseのAVD Managerを使ってAVDを作成する方法の他に、コマンドラインからandroidコマンドを使ってAVDを作成することもできます。ここではコマンドラインからAVDを作成する方法について解説します。

1.AVDの作成
2.その他のオプション

コマンドラインからAVDを作成するには「android create avd」コマンドを使用します。書式は次の通りです。

android create avd -n 名前 -t ターゲットID [-option 値] ... 

「名前」には作成するAVDを識別する任意の名前を指定して下さい。(ファイル名としても使われます)。また「ターゲット」は仮想デバイスが対応しているAndroid APIレベルを表す値を指定します。

指定可能なターゲットIDはコマンドプロンプト上で「android list targets」を実行することで取得できます。

p1-1

D:\data>android list targets
Available Android targets:
----------
id: 1 or "android-10"
     Name: Android 2.3.3
     Type: Platform
     API level: 10
     Revision: 2
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WVGA800 (default), WVGA854
     ABIs : armeabi
----------
id: 2 or "Google Inc.:Google APIs:10"
     Name: Google APIs
     Type: Add-On
     Vendor: Google Inc.
     Revision: 2
     Description: Android + Google APIs
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Libraries:
      * com.android.future.usb.accessory (usb.jar)
          API for USB Accessories
      * com.google.android.maps (maps.jar)
          API for Google Maps
     Skins: WVGA854, WQVGA400, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA
     ABIs : armeabi
----------
id: 3 or "HTC:OpenSense SDK for Phones:10"
     Name: OpenSense SDK for Phones
     Type: Add-On
     Vendor: HTC
     Revision: 2
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Libraries:
      * htc-extension (HTCExtension.jar)
           HTC generic extension library
     Skins: WVGA854, WQVGA400, EVO3D (default), HVGA, WQVGA432, WVGA800, QVGA
     ABIs : no ABIs.
----------
id: 4 or "Intel Corporation:Intel Atom x86 System Image:10"
     Name: Intel Atom x86 System Image
     Type: Add-On
     Vendor: Intel Corporation
     Revision: 1
     Description: Intel Atom x86 System Image
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Skins: WVGA854, WQVGA400, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA
     ABIs : x86
----------
id: 5 or "KYOCERA Corporation:DTS Add-On:10"
     Name: DTS Add-On
     Type: Add-On
     Vendor: KYOCERA Corporation
     Revision: 1
     Description: DTS Add-On
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Libraries:
      * com.kyocera.dualscreen (dualscreen.jar)
          Dual Screen optional platform library
     Skins: DTS400 (default), WVGA854, WQVGA400, HVGA, DTS800, WQVGA432, WVGA800
, QVGA
     ABIs : armeabi
----------
id: 6 or "LGE:Real3D Add-On:10"
     Name: Real3D Add-On
     Type: Add-On
     Vendor: LGE
     Revision: 1
     Description: Real3D add-on
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Libraries:
      * com.lge.real3d (real3d.jar)
          Real3D library
     Skins: WVGA854, WQVGA400, Optimus3D (default), HVGA, WQVGA432, WVGA800, QVG
A
     ABIs : armeabi
----------
id: 7 or "Sony Mobile Communications AB:EDK 2.0:10"
     Name: EDK 2.0
     Type: Add-On
     Vendor: Sony Mobile Communications AB
     Revision: 2
     Description: SDK for Xperia(TM) Open APIs: Timescape(TM), Music Infinite, S
martKey, and Smart Extension
     Based on Android 2.3.3 (API level 10)
     Libraries:
      * com.sonyericsson.media.infinite.extension_1 (com.sonyericsson.media.infi
nite.extension_1.jar)
          Library for Android Market filtering
      * com.sonyericsson.eventstream_3 (com.sonyericsson.eventstream.jar)
          Library for Android Market filtering
      * com.sonyericsson.eventstream_1 (com.sonyericsson.eventstream.jar)
          Library for Android Market filtering
      * com.sonyericsson.eventstream_2 (com.sonyericsson.eventstream.jar)
          Library for Android Market filtering
     Skins: WVGA854, WQVGA400, HVGA, WXGA_XPERIA (default), WQVGA432, WVGA800, Q
VGA, HVGA_XPERIA, WVGA_XPERIA
     ABIs : armeabi
----------
id: 8 or "android-13"
     Name: Android 3.2
     Type: Platform
     API level: 13
     Revision: 1
     Skins: WXGA (default)
     ABIs : armeabi
----------
id: 9 or "Google Inc.:Google APIs:13"
     Name: Google APIs
     Type: Add-On
     Vendor: Google Inc.
     Revision: 1
     Description: Android + Google APIs
     Based on Android 3.2 (API level 13)
     Libraries:
      * com.android.future.usb.accessory (usb.jar)
          API for USB Accessories
      * com.google.android.maps (maps.jar)
          API for Google Maps
     Skins: WXGA (default)
     ABIs : armeabi
----------
id: 10 or "android-15"
     Name: Android 4.0.3
     Type: Platform
     API level: 15
     Revision: 3
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, W
XGA720, WXGA800
     ABIs : armeabi-v7a, x86
----------
id: 11 or "Google Inc.:Google APIs:15"
     Name: Google APIs
     Type: Add-On
     Vendor: Google Inc.
     Revision: 2
     Description: Android + Google APIs
     Based on Android 4.0.3 (API level 15)
     Libraries:
      * com.google.android.media.effects (effects.jar)
          Collection of video effects
      * com.android.future.usb.accessory (usb.jar)
          API for USB Accessories
      * com.google.android.maps (maps.jar)
          API for Google Maps
     Skins: WVGA854, WQVGA400, WSVGA, WXGA720, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default)
, QVGA, WXGA800
     ABIs : armeabi-v7a

D:\data>

例えば「Google Inc.:Google APIs:15」に相当するターゲットを設定する場合はターゲットIDとして 11 を指定します。

では実際にAVDを作成して見ます。コマンドプロンプトから次のように実行して下さい。名前が「avd_g3」、ターゲットIDが 9 の仮想デバイスを作成します。

android create avd -n avd_g3 -t 9

p1-2

指定したターゲットIDを使用する仮想デバイスが作成されました。確認のためAVD Managerを起動してみます。

p1-3

コマンドラインから作成したAVDも認識されていることが確認できます。

オプションを使ってSDカードなどに関する設定を行うこともできます。指定可能なオプションは次のとおりです。

p1-4

例えばSDカードを付けたAVDを作成する場合、次のように「-c」オプションを使って容量を指定します。(容量の単位はK/M/Gが指定できます)。

android create avd -n avd_g3_64m -t 9 -c 64M

スキンに関する指定を行う場合には「-s QVGA」などのように指定ができます。(指定可能なスキンの名前は、先に記載した「android list targets」の結果を参照して下さい)。

では今回はSDカードに関する設定を指定してAVDを作成してみます。

p1-5

これだけでは違いは分からないのですが、作成されたデータを見てみると「sdcard.img」という名前のファイルが作成されています。

p1-6

また「config.ini」ファイルを開いてみると、「sdcard.size=64M」という記述が追加されています。

hw.lcd.density=160
sdcard.size=64M
skin.name=WXGA
skin.path=platforms\android-13\skins\WXGA
hw.cpu.arch=arm
hw.keyboard.lid=no
abi.type=armeabi
vm.heapSize=48
hw.ramSize=256
image.sysdir.2=platforms\android-13\images\
image.sysdir.1=add-ons\addon-google_apis-google-13\images\

このようにオプションで指定することで作成するAVDにSDカードに関する設定を追加することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)