AVD(Android仮想デバイス)の作成とエミュレータの起動

広告
eyecatch

Androidのアプリは実際の端末で動作させることになりますが、端末がなくてもエミュレーター上でアプリを実行し動作を確認できます。画面サイズや搭載するAndroid APIレベルを設定したAVD(Android仮想デバイス)を作成しておき、AVD上でエミュレーターを動かします。AVDは複数作成できるので、複数の仮想デバイス上でテストを行えます。ここではAVDの作成方法、およびAVDに対する基本設定の方法について解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。