Android仮想デバイス(AVD)の作成とエミュレータの起動

広告

アプリの開発を行うためにAndroid仮想デバイス(AVD、Android Virtual Device)と呼ばれる仮想の端末環境を作成し、その仮想の端末を使ってエミュレータを起動してアプリを動かします。色々な画面サイズやメモリを持つAVDを作成することで異なる環境の端末でアプリがどのように動作するのかを確認することができます。

Androidをインストールした時点ではAndroid仮想デバイスは作成されていませんので、AVDを少なくとも1つ作成しておく必要があります。ここではAVDの作成方法とAVDを使ってエミュレータを動かす方法を確認します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)