テーブルの作成

広告

作成したデータベースに対してテーブルを作成します。テーブルの作成やデータの追加などSQL文を実行するには「SQLiteDatabase」クラスで用意されている「execSQL」メソッドを使います。

Execute a single SQL statement that is not a query. For example, 
CREATE TABLE, DELETE, INSERT, etc. Multiple statements separated 
by ;s are not supported.

Parameters:
  sql  実行するSQL文
Throws:
  SQLException  SQLException If the SQL string is invalid for some reason

1番目の引数には実行するSQL文を記述します。

このメソッドを実行する場合には例外として「android.database.SQLException」が発生する可能性があります。

なおSQLiteにおけるテーブル作成のためのSQL文について詳しくは見ていきませんが、基本的なSQL文は次のようになります。

create table table_name
 (column_name1 column_type, column_name2 column_type, …);

具体的には次のように記述します。

SQLiteDatabase db;
try {
    db = openDatabase("db01_01", null);
} catch (FileNotFoundException e) {
    db = null;
}

String sql = "create table shouhin (id integer primary key autoincrement, "
           + "name text not null);";
            
try {
    db.execSQL(sql);
} catch (SQLException e) {
    Log.e("ERROR", e.toString());
}

上記の場合は「shouhin」テーブルを作成します。テーブルには「id」カラムと「name」カラムの2つのカラムが含まれます。

サンプルプログラム

それでは実際に試してみます。プロジェクトを作成しソースコードを次のように変更しました。

Test01_01.java

package jp.javadrive.android;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.Button;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.content.Context;
import android.database.sqlite.SQLiteDatabase;
import java.io.FileNotFoundException;
import android.database.SQLException;
import android.util.Log;

public class Test01_01 extends Activity implements OnClickListener{
    private final int FP = ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT; 
    private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT; 
    private Button button1;
    private SQLiteDatabase db;

    private int DB_VERSION = 1;
    private int DB_MODE = Context.MODE_PRIVATE;
    private String DB_NAME = "db_table_01";

    @Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
        super.onCreate(icicle);

        db = null;

        LinearLayout linearLayout = new LinearLayout(this);
        linearLayout.setOrientation(LinearLayout.HORIZONTAL);
        setContentView(linearLayout);

        button1 = new Button(this);
        button1.setText("Create Table");
        button1.setOnClickListener(this);
        linearLayout.addView(button1, createParam(WC, WC));

        openDatabase();
    }

    private LinearLayout.LayoutParams createParam(int w, int h){
        return new LinearLayout.LayoutParams(w, h);
    }

    private void openDatabase(){
        try {
            db = openDatabase(DB_NAME, null);
        } catch (FileNotFoundException e) {
            try {
                db = createDatabase(DB_NAME, DB_VERSION, DB_MODE, null);
            } catch (FileNotFoundException e2) {
                db = null;
                Log.e("ERROR", e2.toString());
            }
        }
    }

    public void onClick(View v) {
        if (v == button1){
            String sql = "create table shouhin ("
                + "id integer primary key autoincrement, "
                + "name text not null);";

            try {
                db.execSQL(sql);
            } catch (SQLException e) {
                Log.e("ERROR", e.toString());
            }
        }
    }
}

ビルド後にエミュレーター上で実行します。

テーブルの作成

画面が表示された時点でデータベースを開いている状態です。(データベースが存在していない場合は作成しています)。ボタンをクリックすると開いているデータベースにテーブルを新規に作成します。

テーブルの作成

テーブルが作成されたかどうかを確認してみます。作成されたデータベースファイルは「/data/data/(package_name)/databases」に配置されます。今回の場合であれば「/data/data/jp.javadrive.android/databases」ディレクトリです。シェルを使って確認してみましょう。

テーブルの作成

データベースを開いた後でテーブルの一覧を表示させてみます。「.table」でテーブルの一覧が表示されます。

テーブルの作成

テーブルが作成されていることが確認できました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)