RelativeLayoutクラスの定義とコンストラクタ

広告

RelativeLayoutクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • android.view.View
  • android.view.ViewGroup
  • android.widget.RelativeLayout

RelativeLayoutクラスはViewGroupクラスのサブクラスとなっています。ViewGroupクラスは特別なクラスで他のViewクラスのオブジェクトを子として含むことができます。

RelativeLayoutクラスのコンストラクタ

RelativeLayoutクラスを利用するにはコンストラクタを使ってRelativeLayoutクラスのオブジェクトを作成します。どのようなコンストラクタが用意されているか確認してみます。

コンストラクタ
RelativeLayout(Context context)
RelativeLayout(Context context, AttributeSet attrs, Map inflateParams)

コンストラクタは2つ用意されています。1番目のコンストラクタ以外は詳細は不明です。

1番目のコンストラクタの場合、引数には「Context」クラスのオブジェクトを指定します。ここでは自分自身を表す「this」を指定して下さい(画面を作成する「Activity」クラスは「Context」クラスのサブクラスとなっており、作成しているクラスは「Activity」クラスを継承して作成しています。すなわち作成しているクラスは「Context」クラスのサブクラスです)。

具体的には次のように記述します。

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.RelativeLayout;

public class Test extends Activity {
    @Override public void onCreate(Bundle icicle) {
        super.onCreate(icicle);

        RelativeLayout relativeLayout = new RelativeLayout(this);
        setContentView(relativeLayout);
    }
}

では次のページ以降で「RelativeLayout」クラスの詳しい使い方を確認していきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)