MapControllerクラス

広告

地図を指定の座標に移動したり縮尺率を変更するためのユーティリティクラスとして「MapController」クラスが用意されています。ここでは「MapController」クラスについて確認します。

MapControllerクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • com.google.android.maps.MapController

「MapController」クラスにはコンストラクタは用意されていません。操作対象の「MapView」クラスのオブジェクトから「MapController」クラスのオブジェクトを取得し、取得したオブジェクトに対して色々なメソッドを実行することで「MapView」クラスのオブジェクトを操作するという手順になります。

では「MapController」クラスのオブジェクトを取得する方法を確認します。「MapView」クラスで用意されている「getController」メソッドを使います。


Returns:
  This map's MapController which you can use to pan and zoom.

具体的には次のように記述します。

private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT;

@Override public void onCreate(Bundle icicle) {
    super.onCreate(icicle);

    MapView map = new MapView(this);
    MapController mc = map.getController();

    setContentView(map, new ViewGroup.LayoutParams(WC, WC));
}

では次のページ以降で「MapController」クラスの詳しい使い方を確認していきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)