ArrayAdapterクラスを使ってリストのデータを登録

広告

ListViewクラスのオブジェクトを作成した時にリストに表示されるデータを登録する方法を確認します。「ListView」クラスで用意されている「setAdapter」メソッドを使います。

Sets the data behind this ListView.

Parameters:
  adapter  The ListAdapter which is responsible for maintaining the data
    backing this list and for producing a view to represent an item in
    that data set.

1番目の引数には「android.widget.ListAdapter」インターフェースを実装したクラスのオブジェクトを指定します。ListAdapterインターフェースを実装したクラスはいくつか用意されていますが、今回は「ArrayAdapter」クラスのオブジェクトを使ってみます。

※「ArrayAdapter」クラスの詳細については「ArrayAdapterクラス」を参照して下さい。

具体的には次のように記述します。

private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT; 
private String[] data = {"Apple", "Lemon", "Orange", "Strawberry"}; 

@Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
    super.onCreate(icicle);

    ArrayAdapter<String> arrayAdapter
        = new ArrayAdapter<String>(this, R.layout.rowdata, data);

    ListView list  = new ListView(this);
    list.setAdapter(arrayAdapter);
    setContentView(list, new LayoutParams(WC, WC));
}

サンプルプログラム

それでは実際に試してみます。プロジェクトを作成しソースコードを次のように変更しました。

Test02_01.java

package jp.javadrive.android;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.ListView;
import android.widget.ArrayAdapter;

public class Test02_01 extends Activity
{
    private final int FP = ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT;
    private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT;

    private String[] data = {"Tokyo", "Osaka", "Nagoya", "Sapporo"};

    @Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
        super.onCreate(icicle);

        LinearLayout linearLayout = new LinearLayout(this);
        linearLayout.setOrientation(LinearLayout.HORIZONTAL);
        setContentView(linearLayout);

        ListView list  = new ListView(this);
        linearLayout.addView(list, createParam(150, WC));

        ArrayAdapter<String> arrayAdapter
            = new ArrayAdapter<String>(this, R.layout.rowdata, data);

        list.setAdapter(arrayAdapter);
    }

    private LinearLayout.LayoutParams createParam(int w, int h){
        return new LinearLayout.LayoutParams(w, h);
    }
}

またレイアウトXMLファイルをリソースとしてプロジェクト内の「res/layout」ディレクトリに配置しました。ファイル名は「rowdata.xml」です。ファイルには次のように記述します。

ArrayAdapterクラスを使ってリストのデータを登録

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<TextView
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="wrap_content" 
    android:layout_height="wrap_content" 
/>

ビルド後にエミュレーター上で実行します。

ArrayAdapterクラスを使ってリストのデータを登録

リストが作成されて表示されました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)