リソースIDで表示画像を指定

広告

前のページではBitmapクラスのオブジェクトを作成してから、そのオブジェクトを引数に指定してImageViewクラスを作成しました。今度はリソースに登録された画像に対するリソースIDを指定してImageViewクラスのオブジェクトを作成する方法を確認します。「ImageView」クラスで用意されている「setImageResource」メソッドを使います。


Parameters:
  resid  画像リソースに対応するリソースID

1番目の引数にはりソースIDを指定します。画像ファイルなどをリソースとして登録し、「R.java」ファイルでリソースに対して割り当てられたリソースIDを指定して下さい。

具体的には次のように記述します。

private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT; 

@Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
    super.onCreate(icicle);

    ImageView image = new ImageView(this);
    image.setImageResource(R.drawable.bitmapsample);
    setContentView(image, new LayoutParams(WC, WC));
}

サンプルプログラム

それでは実際に試してみます。プロジェクトを作成しソースコードを次のように変更しました。

Test03_01.java

package jp.javadrive.android;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.ImageView;

public class Test03_01 extends Activity
{
    private final int FP = ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT; 
    private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT; 

    @Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
        super.onCreate(icicle);

        LinearLayout linearLayout = new LinearLayout(this);
        linearLayout.setOrientation(LinearLayout.HORIZONTAL);
        setContentView(linearLayout);

        ImageView image1 = new ImageView(this);
        image1.setImageResource(R.drawable.star1);
        linearLayout.addView(image1, createParam(WC, WC));

        ImageView image2 = new ImageView(this);
        image2.setImageResource(R.drawable.star2);
        linearLayout.addView(image2, createParam(WC, WC));
    }

    private LinearLayout.LayoutParams createParam(int w, int h){
        return new LinearLayout.LayoutParams(w, h);
    }
}

また画像をリソースとしてプロジェクト内の「res/drawable」ディレクトリに配置しました。

リソースIDで表示画像を指定

ビルド後にエミュレーター上で実行します。

リソースIDで表示画像を指定

このようにBitmapクラスのオブジェクトを一度作成しなくても、リソースIDを使って直接画像を読み込んで表示することが出来ます。

なお作成された「R.java」は次のようになっていました。

/* AUTO-GENERATED FILE.  DO NOT MODIFY.
 *
 * This class was automatically generated by the
 * aapt tool from the resource data it found.  It
 * should not be modified by hand.
 */

package jp.javadrive.android;

public final class R {
    public static final class attr {
    }
    public static final class drawable {
        public static final int star1=0x7f020000;
        public static final int star2=0x7f020001;
    }
    public static final class layout {
        public static final int main=0x7f030000;
    }
    public static final class string {
        public static final int app_name=0x7f040000;
    }
}

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)