項目を選択

広告

グリッドに表示された項目の中で指定した項目を選択する方法を確認します。デフォルトでは先頭の項目が選択されています。「GridView」クラスで用意されている「setSelection」メソッドを使います。

Sets the currently selected item

Parameters:
  position  Index (starting at 0) of the data item to be selected.

1番目の引数にグリッド内の選択したい項目のインデックスを指定します。インデックスは0から開始されますので、1番目の項目を選択する場合には0を、2番目の項目を選択する場合には1を指定します。

具体的には次のように記述します。

private final int FP = ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT; 
private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT; 
private String[] data = {"Apple", "Lemon", "Orange", "Strawberry"}; 

@Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
    super.onCreate(icicle);

    ArrayAdapter<String> arrayAdapter
        = new ArrayAdapter<String>(this, R.layout.rowdata, data);

    GridView grid  = new GridView(this);
    grid.setAdapter(arrayAdapter);
    grid.setSelection(2);
    setContentView(grid, new LayoutParams(WC, FP));
}

サンプルプログラム

それでは実際に試してみます。プロジェクトを作成しソースコードを次のように変更しました。

Test04_01.java

package jp.javadrive.android;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.GridView;
import android.widget.ArrayAdapter;

public class Test04_01 extends Activity
{
    private final int FP = ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT;
    private final int WC = ViewGroup.LayoutParams.WRAP_CONTENT;

    private String[] data = {"Tokyo", "Osaka", "Aichi", "Hokkaido",
                             "Fukuoka", "Chiba", "Kyoto", "Nara"};

    @Override protected void onCreate(Bundle icicle) {
        super.onCreate(icicle);

        LinearLayout linearLayout = new LinearLayout(this);
        linearLayout.setOrientation(LinearLayout.HORIZONTAL);
        setContentView(linearLayout);

        GridView grid  = new GridView(this);
        grid.setNumColumns(3);
        linearLayout.addView(grid, createParam(WC, FP));

        ArrayAdapter<String> arrayAdapter
            = new ArrayAdapter<String>(this, R.layout.rowdata, data);

        grid.setAdapter(arrayAdapter);
        grid.setSelection(3);
    }

    private LinearLayout.LayoutParams createParam(int w, int h){
        return new LinearLayout.LayoutParams(w, h);
    }
}

またレイアウトXMLファイルをリソースとしてプロジェクト内の「res/layout」ディレクトリに配置しました。ファイル名は「rowdata.xml」です。ファイルには次のように記述します。

項目を選択

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<TextView
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="wrap_content" 
    android:layout_height="wrap_content" 
/>

ビルド後にエミュレーター上で実行します。

項目を選択

インデックスとして3を指定していますので、先頭から数えて4番目の項目が選択されています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)