Bitmapクラス及びBitmapFactoryクラスの定義

広告

Bitmapクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

java.lang.Object
 L android.graphics.Bitmap

Bitmapクラスはイメージに関するクラスです。外部から画像を読み込んだり、新しく作成したりします。

Bitmapクラスではコンストラクタは用意されていません。オブジェクトを作成するには「Bitmap」クラスでいくつか用意されているstaticメソッドを使って作成するか、「BitmapFactory」クラスなど他のクラスのstaticメソッドを使って作成します。

BitmapFactoryクラスの定義とコンストラクタ

広告

外部に既に存在している画像ファイルを読み込むには「BitmapFactory」クラスを利用します。比較的利用される機会が多いと思われるので合わせて確認しておきます。

java.lang.Object
 L android.graphics.BitmapFactory

BitmapFactoryクラスは外部ファイルやリソース、ストリームなどからBitmapクラスのオブジェクトを作成するためのクラスです。

空のコンストラクタも用意されていますが、基本的にはいくつか用意されているstaticメソッドを使います。では次のページ以降で具体的な使い方を見ていきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)