Timerクラス

広告

Timerクラスは一定時間毎に処理を行いたい場合に利用します。指定した間隔毎にActionEventが発行されるため「actionPerformed」メソッド内に処理を記述することで繰り返し行う処理を簡単に作成することが出来ます。

ここではTimerクラスについて詳しく見ていきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。