Timerクラスの定義とコンストラクタ

広告

Timerクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

public class Timer
extends Object implements Serializable
java.lang.Object
 L javax.swing.Timer

今回利用するTimerクラスは「javax.swing.Timer」クラスです。Javaでは同じTimerクラスでも他に「java.util.Timer」と「javax.management.timer.Timer」がありますので注意して下さい。

次にTimerクラスのコンストラクタを見ていきます。

コンストラクタの概要
Timer(int delay, ActionListener listener)
Timer を作成し、初期遅延とイベント間遅延の初期値を delay ミリ秒に設定します。

コンストラクタは1つだけ用意されています。それではコンストラクタを確認してみます。

Timer を作成し、初期遅延とイベント間遅延の初期値を delay ミリ秒に設定します。delay が 0 以
下の場合、タイマーは起動と同時にイベントをトリガーします。listener が null 以外の場合は、
タイマーのアクションリスナーとして登録されます。

パラメータ:
  delay - 初期遅延とイベント間遅延を表す値 (ミリ秒)
  listener - 初期のリスナー。null の場合もあり

1番目の引数にTimerがActionEventを発行する間隔を表すint型の値を指定します。単位はミリ秒です。ここで指定した値は最初にタイマーがスタートしてから最初のActiveEventを発行するまでの間隔でもあります。

2番目の引数にはActionEventを受け取るリスナーを指定します。

実際には次のように使用します。

Timer timer = new Timer(1000, this);

上記の場合は1000ミリ秒(1秒)毎にActionEventが発行されます。

タイマーの開始と終了

Timerクラスのオブジェクトを作成したらタイマーを開始します。タイマーを開始するにはTimerクラスで用意されている「start」メソッドを使います。

Timer を起動し、リスナーへのアクションイベントの送信を開始します。

また起動しているタイマーを終了するにはTimerクラスで用意されている「stop」メソッドを使います。

Timer を起動し、リスナーへのアクションイベントの送信を停止します。

実際には次のように使用します。

Timer timer = new Timer(1000, this);
timer.start();
timer.stop();

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

TimerTest1.java

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.event.*;

public class TimerTest1 extends JFrame implements ActionListener{

  Timer timer;
  JLabel label;
  int sec;

  public static void main(String[] args){
    TimerTest1 frame = new TimerTest1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  TimerTest1(){
    sec = 0;
    label = new JLabel();

    JPanel labelPanel = new JPanel();
    labelPanel.add(label);

    timer = new Timer(1000 , this);

    getContentPane().add(labelPanel, BorderLayout.CENTER);

    timer.start();
  }

  public void actionPerformed(ActionEvent e){
    label.setText(sec + " sec");

    if (sec >= 10){
      timer.stop();
    }else{
      sec++;
    }
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

Timerクラスの利用方法

このプログラムでは1秒毎に経過秒数がラベルに表示されます。

Timerクラスの利用方法

最終的に10秒経過するとタイマーがストップしラベルの更新も終了します。

Timerクラスの利用方法

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)