Calendarオブジェクトを取得する(getInstance)

広告

Calendarクラスはabstractクラスのため、直接new演算子でオブジェクトを作成することは出来ませんが、「getInstance」メソッドを使うことでオブジェクト作成することが出来るようになっています。

デフォルトのタイムゾーンとロケールを使用してカレンダを取得します。返された Calendar は、デ
フォルトロケールを持つデフォルトタイムゾーンの現在時刻に基づいています。 

戻り値:
  Calendar

このメソッドを使って取得したCalendarクラスのオブジェクトはデフォルトの値としてこのメソッドが実行された時の日時の情報を取得しています。作成されたオブジェクトから日付情報などを取得できます。また、「getInstance」メソッドはstaticメソッドのため、「Calendar.getInstance()」のように利用します。

Calendar calendar = Calendar.getInstance();

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)