リストのサイズの取得(len関数)

広告

リストが現在持っている要素数を取得することが出来ます。組み込み関数の「len」関数を使用します。

len(リストオブジェクト)

リストに含まれる要素数を取得します。「len」関数はリストの他に文字列やタプル、辞書などの要素数を取得できます。

具体的には次のように記述します。

list = ["A", "B", "C"]

print len(list)

上記の場合はリストの要素数「3」を表示します。

サンプルコード

では実際に試してみます。

#coding: UTF-8

list = ["A", "B", "C"]
print list
print u"要素数=" + str(len(list))

list[1:2] = ["B", "b"]
print list
print u"要素数=" + str(len(list))

上記を「test5-1.py」として保存します。保存する時の文字コードはUTF-8です。そして次のように実行して下さい。

リストのサイズの取得(len関数)

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)