リストの要素を取得する

広告
eyecatch

作成したリストに対してインデックスを指定することで要素を取得することができます。ここではリストの要素を取得する方法について解説します。

インデックスを指定して要素を取得する

リストの各要素にはインデックス割り当てられています。リストの最初の要素のインデックスが 0 で後ろに向かって 1, 2, ... と順番に割り当てられています。リストに対してインデックスを指定することで要素を取得することができます。

リスト[インデックス]

次の例ではリストの各要素を順に取得し画面に出力しています。

>>> colorlist = ["Red", "Blue", "Green"]
>>> print(colorlist[0])
Red
>>> print(colorlist[1])
Blue
>>> print(colorlist[2])
Green
>>>

またインデックスは負の値でも指定することができます。リストの最後の要素のインデックスが -1 で前に向かって -2, -3, ... と割り当てられています。

次の例では負の値のインデックスを指定してリストの各要素を順に取得し画面に出力しています。

>>> colorlist = ["Red", "Blue", "Green"]
>>> print(colorlist[-])
Green
>>> print(colorlist[-2])
Blue
>>> print(colorlist[-3])
Red
>>>

なお要素が存在しないインデックスを指定して要素を取得しようとすると IndexError エラーとなります。

>>> colorlist = ["Red", "Blue", "Green"]
>>> print(colorlist[3])
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
IndexError: list index out of range
>>>

リストの最後の要素のインデックスを調べる

組み込み関数の len 関数の引数にリストを指定すると、リストの要素数を取得することができます。(詳細は「リストの長さ(要素数)を取得する」を参照されてください)。

len(["Red", "Blue", "Green"])
--> 3

リストの最初の要素のインデックスは 0 から始まりますので最後の要素のインデックスは 要素の数 -1 となります。よって最後の要素のインデックスは len(リスト) -1 で取得することができます。

>>> colorlist = ["Red", "Blue", "Green"]
>>> print(colorlist[len(colorlist) - 1])
Green
>>>

サンプルプログラム

それでは簡単なサンプルプログラムを作って試してみます。テキストエディタで次のように記述したあと、 sample2-1.py という名前で保存します。

colorlist = ["Blue", "Red", "Green", "White", "Black"]

print(colorlist)
print("最初の要素は " + colorlist[0] + " です。")
print("最後の要素は " + colorlist[len(colorlist) - 1] + " です。")

インデックスを指定して要素を取得する(1)

その後で、次のように実行してください。

python sample2-1.py

インデックスを指定して要素を取得する(2)

インデックスを指定してリストの要素を取得することができました。

-- --

リストの要素を取得する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。