コメントの記述

広告

プログラムの中に記述されたものは順に実行されていきますので、プログラムの中に好きなようにメモなどを記述しておくことは出来ません。記述したメモも実行しようとしてエラーとなってしまうためです。ただこの文が何を行うために記述されているのかなどをプログラム中に記述しておくことと、プログラムを後で読み返したときに便利です。

このような場合にはコメントを記述することが可能です。コメントはプログラムの中に記述しますが実行はされませんので好きな文書を記述しておくことが出来ます。

コメントを記述するには次の書式を使います。

#コメント

プログラムの中で「#」が記述されていた場合は、「#」から行末までが全てコメントとなり実行されません。コメントは行の先頭からでも記述できますし、他の文の最後に記述することも出来ます。

# Created 2008.07.07

print "Hello"    # output Hello

プログラムの中で「#」が使われた場合は行末まではコメントとして扱われます(文字列の中などに記述された場合など例外もあります)。コメントは実行時には無視されますので、実際には次のように記述したプログラムと同じように扱われます。

print "Hello"

適切なコメントを残しておく事で、後でプログラムを見直した時に便利です。

サンプルコード

では実際に試してみます。

# Created 2008.07.07

print "Hello"     # output Hello

上記を「test4-1.py」として保存します。そして次のように実行して下さい。

コメントの記述

あたかもコメントの部分がプログラムの中に記述されていないように実行されることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)