文字エンコードを指定してファイルを開く

広告

Visual Studio Code ではファイルの文字エンコードとして UTF-8 がデフォルトで設定されています。その為、 Shift_JIS など UTF-8 以外の文字エンコードで保存されたファイルを開くと文字化けして表示されます。ここでは Visual Studio Code で文字エンコードを指定してファイルを開く方法について解説します。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす

Visual Studio Code ではデフォルトで文字エンコードとして UTF-8 を使用します。その為、文字エンコードとして UTF-8 を使用して保存されたファイルを開いた場合は問題なく表示されます。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(1)

それに対して例えば文字エンコードとして Shift_JIS を使用して保存されたファイルを開いた場合、文字化けが発生します。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(2)

UTF-8 以外の文字エンコードで保存されたファイルを開くには、文字エンコードを指定してファイルを開きなおす必要があります。Visual Studio Code の画面右下に表示されている「UTF-8」と表示されている箇所をクリックしてください。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(3)

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(4)

画面上部にアクションの選択画面が表示されます。「エンコード付きで再度開く」をクリックしてください。(英語の場合は「Reopen with Encoding」をクリックしてください)。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(5)

エンコードの選択画面が表示されます。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(6)

今回のファイルは Shift_JIS の文字エンコードを使って保存されていますので「Japanese(Shift_JIS)」をクリックします。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(7)

選択した文字エンコードを使ってファイルが再度開きました。今度は文字化けせずに表示されています。

文字エンコードを指定してファイルを開きなおす(8)

ファイルを開くときの文字エンコードをコマンドパレットから設定する

ファイルを開くときの文字エンコードの選択はコマンドパレットからも設定できます。「表示」メニューの中の「コマンドパレット」をクリックしてください。

ファイルを開くときの文字エンコードをコマンドパレットから設定する(1)

コマンドパレットが表示されたら「エンコード」または「Encoding」と入力してください。そして表示されたメニューの中から「ファイルのエンコードの変更」をクリックしてください。

ファイルを開くときの文字エンコードをコマンドパレットから設定する(2)

アクションの選択画面が表示されます。「エンコード付きで再度開く」をクリックしてください。(英語の場合は「Reopen with Encoding」をクリックしてください)。

ファイルを開くときの文字エンコードをコマンドパレットから設定する(3)

あとの手順はステータスバーから設定を行った手順と同じです。

-- --

Visual Studio Code で文字エンコードを指定してファイルを開く方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。