フォルダを開く/フォルダを閉じる

広告

Visual Studio Code を使ってフォルダを開く方法、およびフォルダを閉じる方法について解説します。フォルダを開くとフォルダに含まれるファイルを Visual Studio Code のエクスプローラーから簡単に開くことができます。

フォルダを開く

フォルダを開くには Visual Studio Code を起動したあと「ファイル」メニューの中の「フォルダーを開く」をクリックしてください。

フォルダを開く(1)

ファイル選択ダイアログが表示されるので開きたいフォルダを選択したあと「フォルダーの選択」をクリックしてください。

フォルダを開く(2)

自動的にエクスプローラーが表示されて、開いたフォルダに含まれるファイルやサブフォルダが一覧で表示されます。

フォルダを開く(3)

サブフォルダが含まれている場合は、クリックすると展開されて表示されます。

フォルダを開く(4)

なおフォルダを開いた状態で「ファイル」メニューの中の「フォルダーを開く」をクリックして別のファルダを選択すると、開いていたフォルダは閉じられて新しいフォルダが開きます。複数のフォルダを同時に開くにはワークスペースを作成してフォルダを追加する必要があります。

フォルダからファイルを開く

フォルダを開いたあと、フォルダやサブフォルダに含まれるファイルをクリックするとエディター上でプレビュー表示されます。

フォルダからファイルを開く(1)

この状態ではファイルを開いたわけではないので、フォルダの他のファイルをクリックするとプレビューしていたファイルが消えて新しくクリックしたファイルのプレビューが表示されます。

フォルダからファイルを開く(2)

プレビューで表示している場合は、エディタ―のタブに表示されているファイル名が斜体で表示されます。

フォルダからファイルを開く(3)

プレビュー表示ではなくファイルを開くにはフォルダやサブフォルダに含まれるファイルをダブルクリックしてください。ファイルが開きます。

フォルダからファイルを開く(4)

別のファイルをクリックしても、開いているファイルはそのままで別のタブ上でプレビュー表示されます。

フォルダからファイルを開く(5)

なおプレビュー中でもファイルの編集は行えます。ファイルの編集を行うと自動的にプレビューの状態からファイルが開いた状態に変わります。

フォルダを閉じる

開いているフォルダを閉じるには、「ファイル」メニューの中の「フォルダーを閉じる」をクリックしてください。

フォルダを閉じる(1)

フォルダを閉じる(2)

フォルダが閉じました。

フォルダを閉じる(3)

-- --

Visual Studio Code を使ってフォルダを開く方法、およびフォルダを閉じる方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。