ツリーノードに子ノードを追加する

広告

ルートノードを作成した後で子ノードを順に追加していくことでツリーを作成します。ここではツリーノードに他のツリーノードを子ノードとして追加する方法を確認します。DefaultMutableTreeNodeクラスで用意されている「add」メソッドを使います。

newChild をその親から削除し、このノードの子配列の末尾に追加して、このノー
ドの子にします。

パラメータ:
  newChild - このノードの子として追加するノード 
例外: 
  IllegalArgumentException - newChild が null の場合 
  IllegalStateException - このノードが子を許可しない場合

引数に子ノードとして追加するツリーノードをDefaultMutableTreeNodeクラスのオブジェクトとして指定します。

追加された子ノードにはさらに別の子ノードを追加することで階層を深くしていくことが出来ます。

実際の使い方は次のようになります。

DefaultMutableTreeNode rootNode = new DefaultMutableTreeNode("root");

DefaultMutableTreeNode childNode1 = new DefaultMutableTreeNode("child1");
DefaultMutableTreeNode childNode2 = new DefaultMutableTreeNode("child2");

rootNode.add(childNode1);
rootNode.add(childNode2);

JTree tree = new JTree(treeNode);

※上記の場合はJTreeクラスのオブジェクトを作成する前にノードの追加を行っています。JTreeクラスのオブジェクトを作成した後に子ノードの追加や削除を行った場合はTreeModelクラスのオブジェクトに対して「reload」メソッドを実行してデータの更新を行う必要があります。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTreeTest11.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode;

public class JTreeTest11 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JTreeTest11 frame = new JTreeTest11();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTreeTest11(){
    DefaultMutableTreeNode root = new DefaultMutableTreeNode("JavaDrive");

    DefaultMutableTreeNode swing = new DefaultMutableTreeNode("Swing");
    DefaultMutableTreeNode java2d = new DefaultMutableTreeNode("Java2D");
    DefaultMutableTreeNode java3d = new DefaultMutableTreeNode("Java3D");
    DefaultMutableTreeNode javamail = new DefaultMutableTreeNode("JavaMail");

    DefaultMutableTreeNode swingSub1 = new DefaultMutableTreeNode("JLabel");
    DefaultMutableTreeNode swingSub2 = new DefaultMutableTreeNode("JButton");
    DefaultMutableTreeNode swingSub3 = new DefaultMutableTreeNode("JTextField");

    swing.add(swingSub1);
    swing.add(swingSub2);
    swing.add(swingSub3);

    root.add(swing);
    root.add(java2d);
    root.add(java3d);
    root.add(javamail);

    JTree tree = new JTree(root);

    JScrollPane scrollPane = new JScrollPane();
    scrollPane.getViewport().setView(tree);
    scrollPane.setPreferredSize(new Dimension(180, 120));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(scrollPane);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTreeでツリーノードにツリーノードを追加する

今回はルートノードに4つのノードを追加し、さらに追加したノードの1つに3つの子ノードを追加しました。

JTreeでツリーノードにツリーノードを追加する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)