ツリーの初期データをHashtableクラスを使って設定する

広告

ツリーに表示される初期データをHashtableクラスを使って設定する方法を確認します。次のコンストラクタを使用します。

Hashtable から生成された、ルートを表示しない JTree を返します。HashTabl
e のキーと値の組の値側が新しいルートノードの子になります。デフォルトで
は、ツリーは葉ノードを子のない任意のノードとして定義します。

パラメータ:
  value - Hashtable

引数にはツリーに表示したいノードを表すHashtableクラスのオブジェクトを指定します。Hashtableクラスはキーと値という2つの組み合わせのデータを保持しますが、どちらの型は通常はString型を指定します。ツリー上で表示される値をキーに、格納されるデータを値として指定します。

実際の使い方は次のようになります。

Hashtable<String,String> treedata = new Hashtable<String,String>();
treedata.put("Swing","Swing");
treedata.put("Java2D", "Java2D");
treedata.put("Java3D", "Java3D");
treedata.put("JavaMail", "JavaMail");
JTree tree = new JTree(treedata);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTreeTest7.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import java.util.Hashtable;

public class JTreeTest7 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JTreeTest7 frame = new JTreeTest7();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTreeTest7(){
    Hashtable<String,String> treedata = new Hashtable<String,String>();
    treedata.put("Swing","Swing");
    treedata.put("Java2D", "Java2D");
    treedata.put("Java3D", "Java3D");
    treedata.put("JavaMail", "JavaMail");
    JTree tree = new JTree(treedata);

    JScrollPane scrollPane = new JScrollPane();
    scrollPane.getViewport().setView(tree);
    scrollPane.setPreferredSize(new Dimension(180, 120));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(scrollPane);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTreeでHashtableを使って初期データを設定する

このコンストラクタを使って初期データを指定したツリーを作成した場合、ルートノードは表示されません。ルートノードが存在していないわけではなく非表示となっているだけです。

子ノードを持つ初期データを指定する

Hashtableクラスを使う場合にはツリー上で表示される値と実際のデータをそれぞれ指定することが出来ます。そこで子ノード持つノードのノード名をキーとして指定し、子ノードを表す別のHashtableクラスのオブジェクトを値として指定することで、子ノード持つような初期データを指定することも可能です。

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTreeTest8.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import java.util.Hashtable;

public class JTreeTest8 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JTreeTest8 frame = new JTreeTest8();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTreeTest8(){
    Hashtable<String,String> swingdata = new Hashtable<String,String>();
    swingdata.put("JButton","JButton");
    swingdata.put("JLabel","JLabel");
    swingdata.put("JTextField","JTextField");

    Hashtable<String,Object> treedata = new Hashtable<String,Object>();
    treedata.put("Swing", swingdata);
    treedata.put("Java2D", "Java2D");
    treedata.put("Java3D", "Java3D");
    treedata.put("JavaMail", "JavaMail");
    JTree tree = new JTree(treedata);

    JScrollPane scrollPane = new JScrollPane();
    scrollPane.getViewport().setView(tree);
    scrollPane.setPreferredSize(new Dimension(180, 120));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(scrollPane);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTreeでHashtableを使って初期データを設定する

1番上のノードは子ノードを持っています。ノードを展開してみると次のように表示されます。

JTreeでHashtableを使って初期データを設定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)