コンボボックスをセルエディタとして設定する

広告

セルエディタとしてJComboBoxクラスのオブジェクトを設定する方法を確認します。次のコンストラクタを使用します。

コンボボックスを使う DefaultCellEditor オブジェクトを構築します。

パラメータ:
  comboBox - JComboBox オブジェクト

引数に編集時に使用するJComboBoxクラスのオブジェクトを指定します。

実際の使い方は次のようになります。

JTree tree = new JTree(root);

String[] combodata = {"Swing","Java2D","Java3D", "JavaMail"};
JComboBox combo = new JComboBox(combodata);
DefaultCellEditor editor = new DefaultCellEditor(combo);
tree.setCellEditor(editor);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTreeTest32.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import javax.swing.DefaultCellEditor;
import javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode;

public class JTreeTest32 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JTreeTest32 frame = new JTreeTest32();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTreeTest32(){
    DefaultMutableTreeNode root = new DefaultMutableTreeNode("JavaDrive");

    DefaultMutableTreeNode swing = new DefaultMutableTreeNode("Swing");
    DefaultMutableTreeNode java2d = new DefaultMutableTreeNode("Java2D");
    DefaultMutableTreeNode java3d = new DefaultMutableTreeNode("Java3D");
    DefaultMutableTreeNode javamail = new DefaultMutableTreeNode("JavaMail");

    DefaultMutableTreeNode swingSub1 = new DefaultMutableTreeNode("JLabel");
    DefaultMutableTreeNode swingSub2 = new DefaultMutableTreeNode("JButton");
    DefaultMutableTreeNode swingSub3 = new DefaultMutableTreeNode("JTextField");

    swing.add(swingSub1);
    swing.add(swingSub2);
    swing.add(swingSub3);

    root.add(swing);
    root.add(java2d);
    root.add(java3d);
    root.add(javamail);

    JTree tree = new JTree(root);
    tree.setEditable(true);

    String[] combodata = {"Swing","Java2D","Java3D", "JavaMail"};
    JComboBox combo = new JComboBox(combodata);
    DefaultCellEditor editor = new DefaultCellEditor(combo);

    tree.setCellEditor(editor);

    JScrollPane scrollPane = new JScrollPane();
    scrollPane.getViewport().setView(tree);
    scrollPane.setPreferredSize(new Dimension(180, 120));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(scrollPane);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTreeでセルエディタにコンボボックスを設定する

編集したいノードをマウスでクリックして下さい。セルエディタが起動してコンボボックスが表示されます。

JTreeでセルエディタにコンボボックスを設定する

コンボボックスで選択した値がノードの値として設定されます。

JTreeでセルエディタにコンボボックスを設定する

JTreeでセルエディタにコンボボックスを設定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)