パスに含まれるオブジェクトを全て取得する

広告

対象のツリーパスに含まれるオブジェクトを全て取得する方法を確認します。TreePathクラスで用意されている「getPath」メソッドを使います。

この TreePath のコンポーネントを格納する Object の順序付き配列を返しま
す。先頭の要素 (インデックス 0) はルートです。

戻り値:
  TreePath を表す Object の配列

戻り値として対象ツリーパスに含まれる1つ1つのノードの配列をObject型の配列として取得します。

またツリーパスに含まれるノード数だけを取得する場合にはTreePathクラスで用意されている「getPathCount」メソッドを使います。

パス内の要素数を返します。

戻り値:
  パスの項目数を示す int 値

戻り値として対象ツリーパスに含まれるノード数をint型の値として取得します。

実際の使い方は次のようになります。

JTree tree = new JTree();

TreePath path = tree.getSelectionPath();
Object[] data = path.getPath();

※JTreeクラスで用意されている「getSelectionPath」メソッドは選択された最初のノードのパスを返すメソッドです。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTreeTest21.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import javax.swing.tree.TreePath;
import javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode;
import javax.swing.event.*;

public class JTreeTest21 extends JFrame implements TreeSelectionListener{

  JTree tree;

  public static void main(String[] args){
    JTreeTest21 frame = new JTreeTest21();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTreeTest21(){
    DefaultMutableTreeNode root = new DefaultMutableTreeNode("JavaDrive");

    DefaultMutableTreeNode swing = new DefaultMutableTreeNode("Swing");
    DefaultMutableTreeNode java2d = new DefaultMutableTreeNode("Java2D");
    DefaultMutableTreeNode java3d = new DefaultMutableTreeNode("Java3D");
    DefaultMutableTreeNode javamail = new DefaultMutableTreeNode("JavaMail");

    DefaultMutableTreeNode swingSub1 = new DefaultMutableTreeNode("JLabel");
    DefaultMutableTreeNode swingSub2 = new DefaultMutableTreeNode("JButton");
    DefaultMutableTreeNode swingSub3 = new DefaultMutableTreeNode("JTextField");

    swing.add(swingSub1);
    swing.add(swingSub2);
    swing.add(swingSub3);

    root.add(swing);
    root.add(java2d);
    root.add(java3d);
    root.add(javamail);

    tree = new JTree(root);
    tree.addTreeSelectionListener(this);

    JScrollPane scrollPane = new JScrollPane();
    scrollPane.getViewport().setView(tree);
    scrollPane.setPreferredSize(new Dimension(180, 120));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(scrollPane);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }

  public void valueChanged(TreeSelectionEvent e){
    TreePath path = tree.getSelectionPath();

    if (path != null){
      int count = path.getPathCount();
      System.out.println("パス数は" + count + "です");

      Object[] data = path.getPath();

      System.out.println("ルートノードから選択ノードまでのパス:");
      for (int i = 0 ; i < count ; i++){
        System.out.println("ノード:" + data[i]);
      }
    }

  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTreeでツリーパスのパスを取得する

各ノードをクリックすると、ルートからそのノードまでのパス数と全てのパスを標準出力に表示します。

JTreeでツリーパスのパスを取得する

JTreeでツリーパスのパスを取得する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)