ツリーノードの指定の位置に子ノードを挿入する

広告

ノードに対して「add」メソッドを使ってノードを追加した場合には一番最後の子ノードとして追加されます。ここでは指定した位置に子ノードを挿入する方法を確認します。DefaultMutableTreeNodeクラスで用意されている「insert」メソッドを使います。

newChild をその親があればその親から削除し、子の親をこのノードに設定して
から、子をこのノードの子配列のインデックス childIndex に追加します。
newChild は null、およびこのノードの上位ノードにすることはできません。

パラメータ:
  newChild - このノードより下位の部分に挿入する MutableTreeNode
  childIndex - このノードの挿入先である、このノードの子配列のインデック
    ス
例外: 
  ArrayIndexOutOfBoundsException - 次の条件が成立する場合: childIndex が
    範囲外にある場合 
  IllegalArgumentException - 次の条件が成立する場合: newChild が null の
    場合、またはこのノードの上位ノードである場合 
  IllegalStateException - このノードが子を許可しない場合

1番目の引数に子ノードとして挿入するツリーノードをDefaultMutableTreeNodeクラスのオブジェクトとして指定します。

2番目の引数に挿入される位置を示すint型の値を指定します。既にある子ノードの配列の中で先頭の位置から数えたインデックスを指定して下さい。例えば先頭に挿入する場合のインデックスは「0」です。

実際の使い方は次のようになります。

DefaultMutableTreeNode rootNode = new DefaultMutableTreeNode("root");

DefaultMutableTreeNode childNode1 = new DefaultMutableTreeNode("child1");
DefaultMutableTreeNode childNode2 = new DefaultMutableTreeNode("child2");

rootNode.add(childNode1);
rootNode.add(childNode2);

DefaultMutableTreeNode childNode3 = new DefaultMutableTreeNode("child3");

rootNode.insert(childNode3, 1);

JTree tree = new JTree(treeNode);

※上記の場合はJTreeクラスのオブジェクトを作成する前にノードの挿入を行っています。JTreeクラスのオブジェクトを作成した後に子ノードの追加や削除を行った場合はTreeModelクラスのオブジェクトに対して「reload」メソッドを実行してデータの更新を行う必要があります。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTreeTest12.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode;

public class JTreeTest12 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JTreeTest12 frame = new JTreeTest12();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTreeTest12(){
    DefaultMutableTreeNode root = new DefaultMutableTreeNode("JavaDrive");

    DefaultMutableTreeNode swing = new DefaultMutableTreeNode("Swing");
    DefaultMutableTreeNode java2d = new DefaultMutableTreeNode("Java2D");
    DefaultMutableTreeNode java3d = new DefaultMutableTreeNode("Java3D");
    DefaultMutableTreeNode javamail = new DefaultMutableTreeNode("JavaMail");

    root.add(swing);
    root.add(java2d);
    root.add(java3d);
    root.add(javamail);

    DefaultMutableTreeNode swt = new DefaultMutableTreeNode("SWT");

    root.insert(swt, 1);

    JTree tree = new JTree(root);

    JScrollPane scrollPane = new JScrollPane();
    scrollPane.getViewport().setView(tree);
    scrollPane.setPreferredSize(new Dimension(180, 120));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(scrollPane);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTreeでツリーノードにツリーノードを挿入する

今回は「1」番目の位置に挿入しましたので既にある子ノードの中で1番目と2番目の間に新しい子ノードが挿入されます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)