JTabbedPaneクラスの定義とコンストラクタ

広告

JTabbedPaneクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • java.awt.Component
  • java.awt.Container
  • javax.swing.JComponent
  • javax.swing.JTabbedPane
  • public class JTabbedPane extends JComponent implements Serializable, Accessible, SwingConstants

JTabbedPaneクラスはJComponentクラスのサブクラスとなっています。JComponentクラスはSwingで用いられる多くのコンポーネントのベースとなっているクラスです。

JScrollPaneクラスのコンストラクタ

JTabbedPaneクラスをを利用するにはコンストラクタを使ってJTabbedPaneクラスのオブジェクトを作成します。どのようなコンストラクタが用意されているか確認してみます。

コンストラクタ
JTabbedPane()
デフォルトのタブ位置 JTabbedPane.TOP を使用して、空の TabbedPane を作成します。
JTabbedPane(int tabPlacement)
JTabbedPane.TOP、JTabbedPane.BOTTOM、JTabbedPane.LEFT、JTabbedPane.RIGHT のうちのどれかで指定されたタブ配置を使用して、空の TabbedPane を作成します。
JTabbedPane(int tabPlacement, int tabLayoutPolicy)
指定されたタブ配置およびタブレイアウトポリシーを使用して、空の TabbedPane を作成します。

3つのコンストラクタが用意されています。コンストラクタではタブを配置する位置や、タブの数が増加した場合にどのように表示されるのかによってコンストラクタを使い分けます。

それでは1番目のコンストラクタを確認してみます。

デフォルトのタブ位置 JTabbedPane.TOP を使用して、空の TabbedPane を作成
します。

このコンストラクタでは上部にタブを表示するタブペインを作成します。

実際の使い方は次のようになります。

JTabbedPane tabbedpane = new JTabbedPane();

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JTabbedPaneTest1.java

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;

public class JTabbedPaneTest1 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JTabbedPaneTest1 frame = new JTabbedPaneTest1();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JTabbedPaneTest1(){
    JTabbedPane tabbedpane = new JTabbedPane();

    getContentPane().add(tabbedpane, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JTabbedPaneのサンプル

JTabbedPaneクラスのオブジェクトを作成しただけでは何も表示されません。タブを表示するにはタブを追加していきます。詳しい使い方は次のページ以降で詳しく解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)