メッセージタイプを指定して選択ダイアログを表示する

広告

選択ダイアログでダイアログのオプションタイプとメッセージタイプを指定して選択ダイアログを表示する方法を確認します。JOptionPaneクラスで用意されている「showConfirmDialog」メソッドを使います。前頁の同名のメソッドとは引数が異なります。

optionType パラメータで選択項目数が決まるダイアログを表示します。表示す
るアイコンは messageType パラメータで決まります。Look & Feel からのデフォ
ルトアイコンを提示するには、主に messageType パラメータを使用します。

パラメータ:
  parentComponent - ダイアログを表示する Frame を指定する。 null の場合、
    または parentComponent が Frame を持たない場合、 デフォルトの Frame 
    が使用される
  message - 表示する Object
  title - ダイアログのタイトル文字列
  optionType - ダイアログで選択可能なオプションを示す整数。YES_NO_OPTION、
    YES_NO_CANCEL_OPTION、または OK_CANCEL_OPTION
  messageType - 主にプラグイン可能な Look & Feel のアイコンを指定するた
    めに使用されるメッセージの種類を表す整数。ERROR_MESSAGE、
    INFORMATION_MESSAGE、WARNING_MESSAGE、QUESTION_MESSAGE、または 
    PLAIN_MESSAGE 
戻り値:
  ユーザーが選択したオプションを示す整数 
例外: 
  HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless が true を返す場合

このメソッドを使うと表示されるボタンの種類とタイトルを指定できる選択ダイアログを表示できます。また引数で指定したダイアログのメッセージタイプに応じてダイアログの左側に表示されるアイコンの種類が変わります。

1番目の引数にダイアログを表示するための親フレームを指定します。例えばJFrameクラスのオブジェクトを指定して下さい。

2番目の引数にはダイアログに表示するオブジェクトを指定します。単に文字列を表示するだけであればString型の値を指定すればいいですし、JLabelクラスなどのオブジェクトを指定しても構いません。

3番目の引数にはダイアログのタイトルをString型の値で指定します。

4番目の引数にはダイアログに表示されるボタンの種類を示すint型の値を設定します。設定できる値は次の通りです。

実際の値表示されるボタン
JOptionPane.YES_NO_OPTION0YES/NO
JOptionPane.YES_NO_CANCEL_OPTION1YES/NO/CANCEL
JOptionPane.OK_CANCEL_OPTION2OK/CANCEL

5番目の引数にはダイアログのメッセージタイプを表すint型の値を指定します。指定可能な値は以下の5つです。

ダイアログの種類
JOptionPane.ERROR_MESSAGEエラーメッセージ
JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE情報メッセージ
JOptionPane.WARNING_MESSAGE警告メッセージ
JOptionPane.QUESTION_MESSAGE質問メッセージ
JOptionPane.PLAIN_MESSAGEアイコン非表示

戻り値としてユーザーがどのボタンをクリックしたかを表すint型の値を取得できます。取得できる値は次の通りです。

実際の値
JOptionPane.YES_OPTION0
JOptionPane.NO_OPTION1
JOptionPane.CANCEL_OPTION2
JOptionPane.OK_OPTION0

実際の使い方は次のようになります。

JFrame frame = new JFrame();

int option = JOptionPane.showConfirmDialog(frame, "Message", 
  "Title", JOptionPane.OK_CANCEL_OPTION, JOptionPane.ERROR_MESSAGE);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JOptionPaneTest7.java

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.event.*;

public class JOptionPaneTest7 extends JFrame implements ActionListener{

  JLabel ansLabel;

  public static void main(String[] args){
    JOptionPaneTest7 frame = new JOptionPaneTest7();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JOptionPaneTest7(){
    JButton infoButton = new JButton("Question");
    infoButton.addActionListener(this);

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(infoButton);

    ansLabel = new JLabel("未選択です");
    JPanel ansPanel = new JPanel();
    ansPanel.add(ansLabel);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
    getContentPane().add(ansPanel, BorderLayout.PAGE_END);
  }

  public void actionPerformed(ActionEvent e){
    int option = JOptionPane.showConfirmDialog(this, "実行しますか?",
      "最終確認", JOptionPane.YES_NO_OPTION, 
      JOptionPane.WARNING_MESSAGE);

    if (option == JOptionPane.YES_OPTION){
      ansLabel.setText("実行しました");
    }else if (option == JOptionPane.NO_OPTION){
      ansLabel.setText("実行は中止しました");
    }
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JOptionPaneでメッセージタイプを指定して選択ダイアログ表示する

ボタンをクリックすると選択ダイアログが表示されます。

JOptionPaneでメッセージタイプを指定して選択ダイアログ表示する

選択ダイアログでクリックしたボタンに応じて画面下のラベルが書き換えられます。

JOptionPaneでメッセージタイプを指定して選択ダイアログ表示する

今回はメッセージタイプとして「JOptionPane.WARNING_MESSAGE」を使いました。これ以外のメッセージタイプを選択した時に表示されるアイコンの種類については『タイトルとメッセージタイプを指定して警告ダイアログを表示する』を参照して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)