タイトルとメッセージタイプを指定して警告ダイアログを表示する

広告

警告ダイアログでダイアログのタイトルとメッセージタイプを指定して警告ダイアログを表示する方法を確認します。JOptionPaneクラスで用意されている「showMessageDialog」メソッドを使います。前頁の同名のメソッドとは引数が異なります。

messageType パラメータで指示されたデフォルトのアイコンを使用して、メッ
セージを表示するためのダイアログを表示します。

パラメータ:
  parentComponent - ダイアログを表示する Frame を指定する。null の場合、
    または parentComponent に Frame がない場合は、デフォルトの Frame が
    使用される
  message - 表示する Object
  title - ダイアログのタイトル文字列
  messageType - 表示されるメッセージの種類。 ERROR_MESSAGE、
    INFORMATION_MESSAGE、WARNING_MESSAGE、QUESTION_MESSAGE、または 
    PLAIN_MESSAGE 
例外: 
  HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless が true を返す場合

1番目の引数にダイアログを表示するための親フレームを指定します。例えばJFrameクラスのオブジェクトを指定して下さい。

2番目の引数にはダイアログに表示するオブジェクトを指定します。単に文字列を表示するだけであればString型の値を指定すればいいですし、JLabelクラスなどのオブジェクトを指定しても構いません。

3番目の引数にはダイアログのタイトルをString型の値で指定します。

4番目の引数にはダイアログのメッセージタイプを表すint型の値を指定します。指定可能な値は以下の5つです。

ダイアログの種類
JOptionPane.ERROR_MESSAGEエラーメッセージ
JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE情報メッセージ
JOptionPane.WARNING_MESSAGE警告メッセージ
JOptionPane.QUESTION_MESSAGE質問メッセージ
JOptionPane.PLAIN_MESSAGEアイコン非表示

引数で指定したダイアログのメッセージタイプに応じてダイアログの左側に表示されるアイコンの種類が変わります。

実際の使い方は次のようになります。

JFrame frame = new JFrame();

JOptionPane.showMessageDialog(frame, "Message", "title", 
  JOptionPane.ERROR_MESSAGE);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JOptionPaneTest3.java

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.event.*;

public class JOptionPaneTest3 extends JFrame implements ActionListener{

  public static void main(String[] args){
    JOptionPaneTest3 frame = new JOptionPaneTest3();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JOptionPaneTest3(){
    JButton errButton = new JButton("Error");
    errButton.addActionListener(this);
    errButton.setActionCommand("Error");

    JButton infoButton = new JButton("Info");
    infoButton.addActionListener(this);
    infoButton.setActionCommand("Info");

    JButton warnButton = new JButton("Warn");
    warnButton.addActionListener(this);
    warnButton.setActionCommand("Warn");

    JButton quesButton = new JButton("Ques");
    quesButton.addActionListener(this);
    quesButton.setActionCommand("Ques");

    JButton plainButton = new JButton("Plain");
    plainButton.addActionListener(this);
    plainButton.setActionCommand("Plain");

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(errButton);
    p.add(infoButton);
    p.add(warnButton);
    p.add(quesButton);
    p.add(plainButton);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }

  public void actionPerformed(ActionEvent e){
    String cmd = e.getActionCommand();

    if (cmd.equals("Error")){
      JOptionPane.showMessageDialog(this, "ERROR_MESSAGE", "Error",
        JOptionPane.ERROR_MESSAGE);
    }else if (cmd.equals("Info")){
      JOptionPane.showMessageDialog(this, "INFORMATION_MESSAGE", "Info",
        JOptionPane.INFORMATION_MESSAGE);
    }else if (cmd.equals("Warn")){
      JOptionPane.showMessageDialog(this, "WARNING_MESSAGE", "Warn",
        JOptionPane.WARNING_MESSAGE);
    }else if (cmd.equals("Ques")){
      JOptionPane.showMessageDialog(this, "QUESTION_MESSAGE", "Ques",
        JOptionPane.QUESTION_MESSAGE);
    }else if (cmd.equals("Plain")){
      JOptionPane.showMessageDialog(this, "PLAIN_MESSAGE", "Plain",
        JOptionPane.PLAIN_MESSAGE);
    }
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JOptionPaneで警告ウィンドウをタイトルと種類を指定する

各ボタン毎に対応するダイアログを表示します。まず「Error」ボタンをクリックして下さい。

JOptionPaneで警告ウィンドウをタイトルと種類を指定する

次は「Info」ボタンをクリックして下さい。

JOptionPaneで警告ウィンドウをタイトルと種類を指定する

次は「Warn」ボタンをクリックして下さい。

JOptionPaneで警告ウィンドウをタイトルと種類を指定する

次は「Ques」ボタンをクリックして下さい。

JOptionPaneで警告ウィンドウをタイトルと種類を指定する

次は「Plain」ボタンをクリックして下さい。

JOptionPaneで警告ウィンドウをタイトルと種類を指定する

このようにダイアログに指定した種類に応じて対応するアイコンが表示されます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)