文字列を大文字又は小文字へ変換(toUpperCase, toLowerCase)

広告

文字列に含まれる全ての文字を大文字(又は小文字)に変換します。大文字に変換するには「toUpperCase」メソッドを、小文字に変換するには「toLowerCase」メソッドを使います。

toUpperCaseメソッド :

デフォルトロケールの規則を使って、この String 内のすべての文字を大文字に変換します。このメ
ソッドは、toUpperCase(Locale.getDefault()) と等価になります。 

戻り値:
  大文字に変換された String

toLowerCaseメソッド :

デフォルトロケールの規則を使って、この String 内のすべての文字を小文字に変換します。これ
は、toLowerCase(Locale.getDefault()) の呼び出しと等価になります。

戻り値:
  小文字に変換される String

メソッドの説明内で使われているロケールとは、どの地域かということです。地域が日本なら日本語の規則に従って変換するということですので、何か特殊な国の言語を使うのでない限りは気にしないで下さい。

使い方としては下記のような感じです。

"Good Morning"という文字列があった場合

"Good Morning".toUpperCase()  -->  "GOOD MORNING"
"Good Morning".toLowerCase()  -->  "good morning"

大文字小文字が無いような全角文字の場合は何も行われません。

サンプルプログラム

では実際に試してみましょう。

testString3.java

class testString3{
  public static void main(String args[]){
    String str1 = new String("Good Morning");
    String upper_str1 = str1.toUpperCase();
    String lower_str1 = str1.toLowerCase();

    System.out.println("元の文字列 : " + str1);
    System.out.println("大文字へ変換 : " + upper_str1);
    System.out.println("小文字へ変換 : " + lower_str1);

    String str2 = new String("現在 A.M. 3時20分です");
    String upper_str2 = str2.toUpperCase();
    String lower_str2 = str2.toLowerCase();

    System.out.println("元の文字列 : " + str2);
    System.out.println("大文字へ変換 : " + upper_str2);
    System.out.println("小文字へ変換 : " + lower_str2);
  }
}

上記を実際にコンパイルして実行してみると下記のようになります。

p3

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)