インクリメント・デクリメント演算子

広告

演算の中でも数値を1つだけ増加することと1つだけ減少させる処理は比較的多く使用されます。「+」演算子や「-」演算子を使って記述すると次のようになります。

int num = 7;
num = num + 1;

変数「num」に代入されている値と1を加算し、その結果を改めて変数「num」に格納しています。1つだけ減らす場合も「-」演算子を使って同じように記述することができます。

このように1だけ増加する、又は1だけ減算するために用意された演算子がインクリメント演算子(++)とデクリメント演算子(--)です。

演算子使用例意味
++a++ 又は ++aaの値を1増加する
--a-- 又は --aaの値を1減らす

例えば先ほどの例は次のように書き換えることができます。

int num = 7;
num++;

同じように変数の値を1つだけ減らす場合には次のように記述することができます。

int num = 7;
num--;

「++」演算子や「--」演算子は対象となる変数の値を変化させますので、演算結果を変数に代入する必要はありません。

なお「a++」と記述する代わりに「++a」と記述することもできますが、結果が異なる場合があります。詳しくは次のページの「前置と後置」で解説します。

サンプル

では簡単なサンプルで試してみます。

JSample6_1.java

class JSample6_1{
  public static void main(String args[]){
    int num;

    num = 10;
    System.out.println(num);

    num++;
    System.out.println(num);

    num++;
    System.out.println(num);

    num--;
    System.out.println(num);
  }
}

コンパイル後に実行すると次のように表示されます。

p6-1

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)