カレンダーの表示

広告

スケジュール管理の基本画面となる月単位のカレンダー表示をまず行ってみます。

どのような画面にするかを確認するために、まずHTMLでカレンダー画面を作成してみます。

calendar-sample.html

スケジュール管理

取りあえず基本画面としてはこんな感じで開始します。(※使っているアイコンは『1キロバイトの素材屋さん』のアイコンを利用させて頂きました)。

サーブレットへ変換

それではHTMLと同じ結果を出力出来るようなサーブレットを作成してみます。取りあえずなのでHTMLファイルをそのまま出力するだけのプログラムです。

MonthView1.java [HTMLで表示]

コンパイルして作成されたクラスファイルを「(root)¥WEB-INF¥classes¥」ディレクトリに配置します。

D:¥servlet-sample
   |
   +--schedule
       |
       +-- (top.html)
       |
       +-- WEB-INF
       |    |
       |    +-- classes
       |          |
       |          +-- (MonthView1.class)
       |
       +-- img

また作成したサーブレットを呼び出せるように「web.xml」を次のように書き換えます。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee
   http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
  version="2.4">

  <servlet>
    <servlet-name>MonthView</servlet-name>
    <servlet-class>MonthView1</servlet-class>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>MonthView</servlet-name>
    <url-pattern>/MonthView</url-pattern>
  </servlet-mapping>
</web-app>

それではトップページのHTMLから今回作成したサーブレットを呼び出すように次のように書き換えます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" Content="text/html;charset=Shift_JIS">

<title>スケジュール管理</title>

</head>
<body>

<h1>スケジュール管理</h1>

<p><a href="/schedule/MonthView">月一覧表の表示</a></p>

</body>
</html>

準備が出来ましたのでブラウザで「http://localhost:8080/schedule/top.html」へアクセスします。

スケジュール管理

画面上の「月一覧表の表示」をクリックして下さい。サーブレットが呼び出されて次のように表示されます。

スケジュール管理

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)