HttpServletResponseインターフェース

広告

サーブレットに対して「GET」メソッドでリクエストがあった場合に呼び出される「doGet」メソッドを見てください。

import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class Sample extends HttpServlet {
  public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
    throws IOException, ServletException{

    /* ... */

  }
}

2つの引数が「doGet」メソッドには渡されてきます。その中の1つが「HttpServletResponse」インターフェースのオブジェクトです。

サーブレットはクライアントに何か出力する場合、このオブジェクトを利用して出力を行います。そこでまずは「HttpServletResponse」インターフェースについて見ていきます。

HttpServletResponseインターフェースの定義とメソッド

「HttpServletResponse」インターフェースは次のように定義されています。

javax.servlet.http 
Interface HttpServletResponse

public interface HttpServletResponse extends ServletResponse

親インターフェースである「ServletResponse」インタフェースを継承しています。

「HttpServletResponse」インターフェースと「ServletResponse」インタフェースでは多くのメソッドが用意されています。詳しい利用方法は次のページ以降で詳しく見ていきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)