pluginアクション

広告

「plugin」アクションはJavaアプレットをJSPページ内に表示させるために使います。

される

「plugin」アクションの書式は次の通りです。

<jsp:plugin
  type="タイプ"
  code="クラス名"
  codebase="コードベース"
  jreversion="JREバージョン"
  width="幅"
  height="高さ">
</jsp:plugin>

「type」には「applet」を指定します。「code」にはアプレットのクラスファイルを指定します。「codebase」にはアプレットが置かれているディレクトリをドキュメントルートからの絶対パスで指定します。「jreversion」には利用するJREのバージョンを指定します。「width」「height」にはアプレットの幅と高さを指定します。

サンプルプログラムの実行

それでは実際に試してみましょう。コンテキストファイルは次のようにします。

<Context path="/action"
docBase="d:/jsp-sample/action"/>

JSPページは次のようになります。

applet.jsp

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>appletテスト</title></head>
<body>
<h1>appletテスト</h1>

<jsp:plugin 
  type="applet" 
  code="GraphicsTest5.class" 
  codebase="/action/applet" 
  jreversion="1.5.0_06" 
  width="150" 
  height="150">
</jsp:plugin>

</body>
</html>

今回アプレットは『Javaアプレット入門:四角形を描画』で使った「GraphicsTest5.class」を利用しました。

JSPページはコンテキストファイルで指定したドキュメントルートの直下に置いておきます。

[D] -- jsp-sample
        |
        +-- action
        |    |
             +-- (applet.jsp)
             |
             +-- applet
             |    |
                  +-- (GraphicsTest5.class)

それでは「http://localhost/action/applet.jsp」にブラウザからアクセスします。次のようにアプレットが表示されれば成功です。

pluginアクション

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)