forwardアクション

広告

「forward」アクションは他のHTMLページやJSPページへフォワードする場合に利用します。

「forward」アクションの書式は次の通りです。

<jsp:forward page="転送先のページ" />

属性値として「page」に対してフォワード先のHTMLページ又はJSPページを指定します。ページはアクションを記述するJSPページからの相対パスで指定して下さい。

「forward」アクションを記述する場合は、画面に対する出力を行う前に記述する必要があります。

サンプルプログラムの実行

それでは実際に試してみましょう。コンテキストファイルは次のようにします。

<Context path="/action"
docBase="d:/jsp-sample/action"/>

JSPページは次のようになります。

forwardFrom.jsp

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>

<jsp:forward page="forwardTo.jsp" />

<html>
<head><title>forwardテスト</title></head>
<body>
<h1>forwardテスト</h1>
</body>
</html>

forwardTo.jsp

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head><title>転送先ページ</title></head>
<body>
<h1>転送先ページ</h1>
</body>
</html>

JSPページはコンテキストファイルで指定したドキュメントルートの直下に置いておきます。

[D] -- jsp-sample
        |
        +-- action
        |    |
             +-- (forwardFrom.jsp)
             |
             +-- (forwardTo.jsp)
             |

それでは「http://localhost/action/forwardFrom.jsp」にブラウザからアクセスします。次のように表示されれば成功です。

forwardアクション

「forwardFrom.jsp」に対してリクエストを出しましたが、「forwardTo.jsp」へリクエストがフォワードされています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)