JSPからサーブレットへの変換

広告

JSPページに対するリクエストがクライアントからあった場合、まずJSPページはサーブレットに変換されます。そしてサーブレットがコンパイルされて暮らすファイルが作成された後でそのクラスファイルが実行されます。

このため、JSPページがいったんサーブレットの形式に変換されたファイルが保存されており、どのように変換されているのかを見ることができます。

次のようなJSPページ(hello.jsp)をクライアントから呼び出した場合を見てみます。

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>

<html>
<head>
<title>Hello World!</title>
</head>
<body>
<h1>Hello World!</h1>

<%
out.println(new java.util.Date());
%>

</body>
</html>

JSPページに対するリクエストがあった場合にサーブレットに変換が行われますが、サーブレットの置き場所は「(Tomcatがインストールされたディレクトリ)¥work¥Catalina¥localhost¥」の中にコンテキスト毎のディレクトリが用意されています。

サーブレットの置き場所

今回はコンテキストが「hellojsp」なので「hellojsp」ディレクトリの中に含まれます。また作成されるサーブレットは「org.apache.jsp」パッケージ内に含まれるサーブレットとして作成されるため、実際のファイルは「(Tomcatがインストールされたディレクトリ)¥work¥Catalina¥localhost¥hellojsp¥org¥apache¥jsp¥」内に含まれることになります。

サーブレットの置き場所

今回アクセス先のJSPページが「hello.jsp」でしたので作成されたサーブレットは「hello_jsp.java」となります。そしてコンパイルされて作成されたクラスファイルが「hello_jsp.class」となります。

作成されたファイル

では「hello_jsp.java」の中身を見てみましょう。

package org.apache.jsp;

import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;
import javax.servlet.jsp.*;

public final class hello_jsp extends org.apache.jasper.runtime.HttpJspBase
  implements org.apache.jasper.runtime.JspSourceDependent {

  private static java.util.List _jspx_dependants;

  public Object getDependants() {
    return _jspx_dependants;
  }

  public void _jspService(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
    throws java.io.IOException, ServletException {

    JspFactory _jspxFactory = null;
    PageContext pageContext = null;
    HttpSession session = null;
    ServletContext application = null;
    ServletConfig config = null;
    JspWriter out = null;
    Object page = this;
    JspWriter _jspx_out = null;
    PageContext _jspx_page_context = null;


    try {
      _jspxFactory = JspFactory.getDefaultFactory();
      response.setContentType("text/html;charset=Shift_JIS");
      pageContext = _jspxFactory.getPageContext(this, request, response,
                  null, true, 8192, true);
      _jspx_page_context = pageContext;
      application = pageContext.getServletContext();
      config = pageContext.getServletConfig();
      session = pageContext.getSession();
      out = pageContext.getOut();
      _jspx_out = out;

      out.write("¥r¥n");
      out.write("¥r¥n");
      out.write("<html>¥r¥n");
      out.write("<head>¥r¥n");
      out.write("<title>Hello World!</title>¥r¥n");
      out.write("</head>¥r¥n");
      out.write("<body>¥r¥n");
      out.write("<h1>Hello World!</h1>¥r¥n");
      out.write("¥r¥n");

out.println(new java.util.Date());

      out.write("¥r¥n");
      out.write("¥r¥n");
      out.write("</body>¥r¥n");
      out.write("</html>¥r¥n");
    } catch (Throwable t) {
      if (!(t instanceof SkipPageException)){
        out = _jspx_out;
        if (out != null && out.getBufferSize() != 0)
          out.clearBuffer();
        if (_jspx_page_context != null) _jspx_page_context.handlePageException(t);
      }
    } finally {
      if (_jspxFactory != null) _jspxFactory.releasePageContext(_jspx_page_context);
    }
  }
}

細かい内容は分かりませんが、JSPページ内で記述されていたHTML部分などは「out.write」などによって書き換えられていることが分かります。

このようにJSPページはいったんサーブレットに変換されてから実行されているため、初めて呼び出す場合には若干実行されるまでに時間がかかることがあります。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)