JDBCドライバの取得(MySQL用)

広告

まずMySQLへの接続について試していきます。最初に行うことはMySQL用のJDBCドライバのインストールになります。

JDBCドライバとは、異なるデータベースに対するアクセスを行う際に、個々のデータベース毎にプログラムを書き換えなくていいように、データベースとJavaプログラムの間にあってデータベース毎の差を吸収してくれるものです。よってJDBCを使えばデータベースが異なってもJavaプログラムの方は変更を最小限にすることが可能です。逆にJDBCドライバはデータベース毎に用意する必要があります。

MySQL用のJDBCドライバはMySQLから提供されており「MySQL Connector/J」というものになります。現在MySQLは5系のものを使いますが、「MySQL Connector/J」も最新のバージョンは5.0となります。

ダウンロードは下記から行います。

http://dev.mysql.com/downloads/

MySQL Connector/Jのダウンロード

上記画面を少し下の方へスクロールして下さい。

MySQL Connector/Jのダウンロード

「Drivers and Connectors」の箇所に「MySQL Connector/J」の各バージョンのドライバがあります。その中の「MySQL Connector/J 5.0」をクリックして下さい。

MySQL Connector/Jのダウンロード

ダウンロードするファイルを選択します。「Source and Binaries (zip)」の右側にある「Pick a mirror」をクリックして下さい。

MySQL Connector/Jのダウンロード

ダウンロードするサイトを選択します。上記画面を少し下の方へスクロールして下さい。

MySQL Connector/Jのダウンロード

ミラーサイトの中から1つ選択します。今回は日本のサイトにしました。HTTPとFTPがありますのでどちらかをクリックして下さい。

MySQL Connector/Jのダウンロード

保存する場所を指定すればダウンロードを開始します。ダウンロードは適当なところにしておいて下さい。

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍します。どこでもいいので解凍して下さい。今回は「d:¥mysql¥」ディレクトリに解凍しました。

MySQL Connector/Jのインストール

「mysql-connector-java-5.0.3」というディレクトリが出来て、その中に「mysql-connector-java-5.0.3-bin.jar」というファイルがあります。このJARファイルに実行時にクラスパスを通して置く必要があります。

今回はサーブレットでの利用を前提としていますので、上記ファイルを「(Tomcatをインストールしたディレクトリ)¥common¥lib¥)」ディレクトリにコピーしておきました。

MySQL Connector/Jのインストール

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)