アプリケーションの構成

広告

ここではServletアプリケーションの配置方法を見てみましょう。簡単なサンプルとして、HTMLファイルが一つと画像ファイルが一つ、Servletのプログラムをコンパイルした結果できたclassファイルが一つのアプリケーションを考えて見ます。

全体の配置方法は下記のようになります。

Webアプリケーションの構成

四角い箱はディレクトリ、丸い箱はファイルを表わします。

今回は「c:¥servlet-sample¥helloworld¥」というディレクトリを作り、そこをルートディレクトリとしてみます。まずは必要なディレクトリだけ作成しておきます。

ディレクトリ構成

HTMLファイルはルートディレクトリである「c:¥servlet-sample¥helloworld¥」に入れます。また画像ファイルはルートディレクトリの下に「img」というディレクトリを作りそこに入れることにします。

HTMLファイルの配置

まずは今回使うHTMLファイルだけを作成し配置してみましょう。下記のような簡単なHTMLファイルを「index.html」として作成します。

<html>
<head><title>HelloWorld</title></head>
<body>

<br>
<img src="./img/p1.png">
<a href="/hello/helloworld">クリックして下さい</a>
<br>

</body>
</html>

画像ファイルは下記のような画像をp1.pngとして用意しました。

画像サンプル

作成した「index.html」ファイルを「c:¥servlet-sample¥helloworld¥」に画像ファイルを「c:¥servlet-sample¥helloworld¥img¥」に置きます。

配置後は下記のようになります。

ファイルの配置

classファイルの配置

次にServletプログラムを用意します。今回はHelloWorldと表示するだけのものを作成します。

import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class HelloWorld extends HttpServlet {

  public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
    throws IOException, ServletException{

    response.setContentType("text/html");
    PrintWriter out = response.getWriter();
    out.println("<html>");
    out.println("<head>");
    out.println("<title>Hello World!</title>");
    out.println("</head>");
    out.println("<body>");
    out.println("<h1>Hello World!</h1>");
    out.println("</body>");
    out.println("</html>");
  }
}

これを適当なディレクトリに保存します。(今回は「D:¥temp¥」ディレクトリに保存しました)。

次にコマンドプロンプトを使い、ソースファイルを保存したディレクトに移動してから、下記のコマンドを実行します。

javac -classpath "D:¥tomcat¥Tomcat 5.5¥common¥lib¥servlet-api.jar" HelloWorld.java

※クラスパスの部分は皆さんの環境に合わせて変更して下さい。

下記のようにclassファイルが作成出来ていればコンパイルまでは成功しています。

コンパイル画面

この出来上がったclassファイルを「c:¥servlet-sample¥helloworld¥WEB-INF¥classes¥」に置きます。

配置後は下記のようになります。

classファイルの設置

これで下準備は完了です。次はcontextの設定を行います。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)