変数に対して演算を行う

変数に対して数値などのオブジェクトを代入した場合、数値に対するのと同じように変数に対しても四則演算などを行うことができます。ここでは Ruby で変数に対して演算を行う方法について解説します。

(2022 年 10 月 13 日公開 / 2022 年 10 月 27 日更新)

変数に対して演算を行う

数値などのオブジェクトが代入された変数に対してはオブジェクトに対するのと同じように演算を行うことができます。次の例を見てください。

num = 10
sum = num + 20

上記ではまず変数 num に数値の 10 を代入しています。次に変数 num と数値の 20 を加算し、その結果を変数 sum に代入しています。このとき変数 sum は 10 と変数 num の加算した結果である 30 が代入されます。

このようにオブジェクトに対するのと同じように変数に対して演算を行うことができます。

次の例では変数と変数を加算しています。

num1 = 10
num2 = 8
num3 = 15
sum = num1 + num2 + num3

変数 sum には変数 num1 と num2 と num3 の合計である 33 が代入されます。

サンプルコード

では簡単なプログラムで確認してみます。

# encoding: UTF-8

num = 10
calc = num + 20
print(num, " + 20 = ", calc, "\n")

num1 = 10
num2 = 8
num3 = 15
sum = num1 + num2 + num3
print(num1, " + ", num2, " + ", num3, " = ", sum, "\n")

下記のように実行して下さい。

変数に対する演算

-- --

Ruby で変数に対して演算を行う方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。