否定の先読み使ったパターンを作成する

正規表現では否定の先読みも利用することができます。ここでは Ruby の正規表現で否定の先読みを使用する方法について解説します。

(2021 年 06 月 30 日公開 / 2022 年 10 月 12 日更新)

否定の先読み

先読みには否定の先読みも用意されています。否定先読みを行うには、パターンを (?! から ) の間に記述します。

/パターン(?!否定先読みパターン)パターン/

先読みはマッチしているかどうかを調べる位置を動かさずに先読みの中のパターンがマッチするかどうかを調べるものでしたが、否定先読みは位置を動かさずに指定したパターンを否定したものにマッチするかどうかを調べます。

/(a)(?!bbb)(b)/

例えば上記の場合、「a」で始まり、「a」の後に「bbb」が記述されていないかどうかを調べ、マッチしていれば改めて「a」の後に「b」が続く文字列にマッチします。結果的に「a」の後に「b」が続くが「abbb」とはなっていない文字列にマッチします。

× abbb
× abbbon
○ abbe
○ ab

先読みと同じく否定先読みでもマッチするかどうかは確認しますがマッチした文字列を取得しません。

例えば次の例で考えてみます。

/(?!0000)\d\d\d\d/

上記の場合、まず「0000」ではないかどうかを確認します。「0000」では無い場合に改めて対象の文字列に数字が 4 文字続くかどうかを確認します。結果的に 4 桁の数字だけど「0000」では無いものにマッチすることになります。

このように否定先読みを使うと除外したいものを指定することが可能になります。先読みも否定先読みもマッチするかどうかを調べる位置が動きませんので、複数指定することも出来ます。

/(?!0000)(?!9999)\d\d\d\d/

上記では「0000」及び「9999」ではない 4 桁の数字にマッチします。

サンプルコード

では簡単なプログラムで確認してみます。

# encoding: UTF-8

def check1(str)
  if /(?!0000)\d\d\d\d/ =~ str then
    puts("○" + str + "(" + $& + ")")
  else
    puts("×" + str)
  end
end

def check2(str)
  if /(?!0000)(?!9999)\d\d\d\d/ =~ str then
    puts("○" + str + "(" + $& + ")")
  else
    puts("×" + str)
  end
end

puts("/(?!0000)\\d\\d\\d\\d/ にマッチするかどうか")
check1("1234")
check1("9999")
check1("0000")
check1("802")
check1("XT73914")

puts()

puts("/(?!0000)(?!9999)\\d\\d\\d\\d/ にマッチするかどうか")
check2("1234")
check2("9999")
check2("0000")
check2("802")
check1("XT73914")

下記のように実行して下さい。

否定の先読み

-- --

Ruby の正規表現で否定の先読みを使用する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。