Rubyのダウンロードとインストール

Ruby のダウンロード及びインストール方法を解説します。今回は Windows11 環境へインストールを行います。 2022 年 10 月現在の最新バージョンは Ruby 3.1.2 です。

(2021 年 06 月 30 日公開 / 2022 年 10 月 10 日更新)

Rubyをダウンロードする

Ruby のダウンロードを行います。下記のURLへアクセスして下さい。

https://www.ruby-lang.org/ja/

Rubyをダウンロードする(1)

画面上部のメニューにある「ダウンロード」をクリックして下さい。

Rubyをダウンロードする(2)

ダウンロードのためのページが表示されます。

Rubyをダウンロードする(3)

Windows 環境に Ruby をインストールする場合には RubyInstaller を使うと便利です。「Windows版Rubyバイナリ」のブロックまでスクロールしてから「RubyInstaller」をクリックしてください。

Rubyをダウンロードする(4)

RubyInstaller のサイトが表示されます。画面上部に表示されている「Download」をクリックして下さい。

Rubyをダウンロードする(5)

Rubyをダウンロードする(6)

RubyInstaller をダウンロードするためのページが表示されます。

Rubyをダウンロードする(7)

DEVKIT ありのものとなしのものがあります。 DEVKIT は C 言語で記述された拡張ライブラリをインストールするときに必要となるものです。 Rails を利用する予定があるなら DEVKIT 付きのものをインストールしておいてください。今回は Windows 11(64bit) 環境での利用のため、一覧の中から Ruby+Devkit 3.1.2-1 (x64) をクリックしました。

Rubyをダウンロードする(8)

Ruby のダウンロードが開始されます。任意の場所へ保存してください。ダウンロードはこれで完了です。

Rubyをインストールする

続いてインストールを行います。ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動してください。最初にライセンスが表示されます。よく読んで頂き、同意できる場合には「I accept the License」をチェックして下さい。その後で「Next」をクリックして下さい。

Rubyをインストールする(1)

Ruby のインストール場所の指定とオプションの設定画面が表示されます。

「Add Ruby exexutables to your PATH」にチェックをすると、 PATH が自動で設定されます。「Associate .rb and .rbw files with this Ruby installation」にチェックすると拡張子が「.rb」と「.rbw」のファイルを Ruby と関連付けします。

今回はインストール場所はデフォルトのままとし、「Add Ruby exexutables to your PATH」と「Use UTF-8 as default external encoding」にチェックしました。設定が終わりましたら「Install」をクリックしてください。

Rubyをインストールする(2)

インストールするコンポーネントを選択します。ドキュメントおよび MSYS2 もインストールするのでどちらもチェックしました。設定が終わりましたら「Next」をクリックしてください。インストールが開始されます。

Rubyをインストールする(3)

次の画面が表示されればRubyのインストールは完了です。続いてMSYS2のインストールを行いますので「Run 'ridk install' to set up MSYS2 and development toolchain.」にチェックをしたまま「Finish」をクリックしてください。

Rubyをインストールする(4)

Rubyのインストールはこれで完了です。

MSYS2をインストールする

自動的にコマンドプロンプトが起動し MSYS2 のインストールが開始されます。 1 から 3 まで順番に行っていきます。最初に「1」を入力し Enter キーを押してください。

MSYS2をインストールする(1)

次のような画面となりますので今度は「2」を入力し Enter キーを押してください。

MSYS2をインストールする(2)

次のような画面となりますので今度は「3」を入力し Enter キーを押してください。

MSYS2をインストールする(3)

最後にEnterキーを押してください。画面が閉じます。

MSYS2をインストールする(4)

MSYS2 のインストールはこれで完了です。

PATHが正常に設定されているか確認する

Ruby を使って作成したプログラムを実行するには「(Rubyをインストールしたディレクトリ)\bin」ディレクトリへ PATH を設定しておくと便利です。

PATHが正常に設定されているか確認する(1)

今回インストールを行うときに「Add Ruby exexutables to your PATH」にチェックを行っていますので自動で PATH が設定されていますが、念のために PATH が設定されているかどうか確認しておきます。コマンドプロンプトを起動してください。

PATHが正常に設定されているか確認する(1)

ruby -v と入力して実行してください。次のように Ruby のバージョンが表示されれば PATH は問題なく設定されています。

PATHが正常に設定されているか確認する(2)

-- --

Ruby のダウンロード及びインストール方法を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。