ブール値(True、False)の使い方

広告

整数型の派生型であるブール値の使い方です。ブール値には True と False の 2 つのオブジェクトだけが存在します。

TrueとFalseについて

ブール値は整数型の派遣型で True と False という 2 つのオブジェクトだけが存在しています。

if 文の条件式などで真か偽か評価されるときにブール値の True オブジェクトは真と評価され False オブジェクトは偽と評価されます。そこで変数に対して True または False を代入して if 文などの条件式で評価を行う時に使用されたりします。

flag = True
if (flag):
    print("Succeeded")
else:
    print("Failed")

>> Succeeded

またブール値は整数型の派遣型であり True は 1 、 False は 0 としても使用することができます。その為、四則演算などを行うことができます。

print(True + 8)
>> 9

print(False + 2)
>> 2

True は 1 、 False は 0 と等価ですが、文字列に変換した場合にはそれぞれ "True" と "False" となります。

print(str(True) + " is 1")
>> True is 1

print(str(False) + "is 0")
>> Falseis 0

ブール値は特に条件式などで利用されることが多いデータ型です。オブジェクトを評価したときに真と偽になる値は色々ありますが、ブール値の True と False は分かりやすい値なので覚えておかれてください。

-- --

Python におけるブール値の使い方を解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。