論理演算子の使い方

広告
eyecatch

論理演算子(またはブール演算子)は a 且つ b や a 又は b のようにブール値を組み合わせて評価する場合に使用される演算子です。ここでは論理演算子の使い方について解説します。

論理演算子の一覧

Python で用意されている論理演算子の一覧です。

x or y    x または y の少なくともどちらか 1 つが True なら True
          それ以外は False
x and y   x と y がどちらも True なら True
          それ以外は False
not x     x が True なら False、 x が False なら True

実際には True または False ではなく真か偽か判定すると True または False になる値が帰ってきます。詳しくはあとで解説します。

論理和

論理和は演算子の左辺または右辺のどちらか 1 つでも True なら True となり、両方とも False の場合だけ False となります。

True  or True      True
True  or False     True
False or True      True
False or False     False

具体的な次のような使い方となります。

>>> num = 8
>>> bool(num < 10 or num > 40)
True
>>>

変数 num に格納されている値に対して num < 10 という条件式と、 num > 40 という条件式を評価します。論理和の場合はどちらかが少なくとも 1 つが True ならば全体が True となるため今回は True となりました。

もう少し細かい話をすると、論理和の場合 x or y という式に対して最初に x を評価します。 x が偽だった場合は y を返します。 x が真だった場合は x を返します。

論理積

論理積は演算子の左辺および右辺がどちらも True なら True となり、それ以外は False となります。

True  and True      True
True  and False     False
False and True      False
False and False     False

具体的な次のような使い方となります。

>>> num = 24
>>> bool(num > 10 and num < 40)
True
>>>

変数 num に格納されている値に対して num > 10 という条件式と、 num < 40 という条件式を評価します。論理積の場合は両方とも True ならば全体が True となるため今回は True となりました。

もう少し細かい話をすると、論理積の場合 x and y という式に対して最初に x を評価します。 x が偽だった場合は x を返します。 x が真だった場合は y を返します。

否定

否定は演算子の左辺が True なら False となり、左辺が False なら True となります。

not True      False
not False     True

具体的な次のような使い方となります。

>>> old = 24
>>> bool(not old < 20)
True
>>>

変数 old に格納されている値に対して old < 20 という条件式を評価します。否定の場合は右辺が True ならば全体が False、右辺が False ならば全体が True となるため今回は True となりました。

否定の場合は not x という式に対して x が偽だった場合は True を返します。 x が真だった場合は False を返します。

-- --

論理演算子の一覧と使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。