for文の中でrange関数を使って指定した回数だけ繰り返し処理を行う

広告

for 文ではイテラブルなオブジェクトから要素を 1 つずつ取り出して繰り返しを行いますが、 range 関数を使用することで、簡単に指定した回数だけ繰り返し処理を行うことができます。ここでは for 文で range 関数を使い指定回数繰り返しを行う方法について解説します。

range関数を使って指定した回数だけ繰り返し処理を行う

Python では繰り返し処理を行うために for 文が使用されますが、例えば 10 回繰り返すなど指定して回数だけ繰り返しを行いたい場合には range 関数と組み合わせると便利です。

例えば次のように記述します。

for i in range(10):
    実行する処理 1
    実行する処理 2

range 関数は実際は range 型のコンストラクタで 0 から 引数に指定した数値を超えない値までの連続した数値を要素に持つオブジェクトを作成します。例えば range(10) とした場合には 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 の 10 個の要素を持ちます。 for 文では要素を 1 つずつ取り出しながら繰り返し処理を行うので、結果として先ほどの for 文は 10 回繰り返されることになります。

※ range 関数について詳しくはは「range関数の使い方(開始から終了までの連続した数値を要素として持つrange型オブジェクトを作成する)」を参照して下さい。

同じようなことをリストオブジェクトを使って行う場合次のように記述することができます。

for i in [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]:
    実行する処理 1
    実行する処理 2

10 回であればまだこのように記述することも可能ですが、 100 回や 1000 回など繰り返す回数が多い場合には range 関数を使用すると便利です。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

num = 1
for i in range(10):
    old = num
    num *= 2
    print(str(old) + " * 2 = " + str(num))

>> 1 * 2 = 2
>> 2 * 2 = 4
>> 4 * 2 = 8
>> 8 * 2 = 16
>> 16 * 2 = 32
>> 32 * 2 = 64
>> 64 * 2 = 128
>> 128 * 2 = 256
>> 256 * 2 = 512
>> 512 * 2 = 1024

range 関数を使って繰り返し処理を 10 回行いました。

-- --

for 文の中で range 関数を使って指定した回数だけ繰り返し処理を行う方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。