for文とrange関数を使った指定回数の繰り返し

広告

「for」文はではシーケンス型のオブジェクトから要素を取り出しながら繰り返し処理を行いますが、指定した回数だけ繰り返しを行いたい場合にはrange関数を使って連続した数値の要素を持つリスト型のオブジェクトを作成して利用します。

※range関数については「連続した数値の要素を持つリストの作成(range関数)」を参照して下さい。

例として10回繰り返したい場合には次のように記述を行います。

for var in range(0, 10):
  実行する処理1
  実行する処理2

range関数は引数に指定した開始と終了の数値から連続する数値の値(終了の値は含まない)を要素として持つリスト型のオブジェクトを作成します。上記は次のように記述した場合と同じです。

for var in [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]:
  実行する処理1
  実行する処理2

数が少ない場合は直接リスト型のオブジェクトを作成することもできますが、繰り返し回数が多い場合に直接リスト型のオブジェクトを作成するのは現実的ではありません。その時はrange関数を使って下さい。

もちろん繰り返しのたびに変数にオブジェクトの要素を代入しますので、「for」文のブロックの中で利用することも出来ますが、単に決まった回数だけ繰り返したい場合にも使用することが出来ます。

サンプルコード

では実際に試してみます。

#coding: UTF-8

sum = 0
for num in range(1, 1001):
  sum += num;

print "sum = " + str(sum)

上記を「test5-1.py」として保存します。保存する時の文字コードはUTF-8です。そして次のように実行して下さい。

for文とrange関数を使った指定回数の繰り返し

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)