ファイルの作成と削除(pathlibモジュール)

広告

Python の pathlib モジュールで用意されている Path.touch メソッドを使って新しくファイルを作成する方法、および Path.unlink メソッドを使って作成済みのファイルを削除する方法について解説します。

※ os モジュールを使ってファイルを作成したり削除したりする方法については「ファイルの作成と削除」を参照されてください。

ファイルを作成する

空のファイルを新しく作成するには pathlib モジュールで用意されている Path クラスの touch メソッドを使用します。

Path.touch(mode=0o666, exist_ok=True)

パスが示す新しいファイルを作成します。省略可能な 1 番目の引数には、作成するファイルの権限を設定します(省略された場合は 8 進数で 0o666 が設定されます)。

実際の使い方ですが、まず作成するファイルを示すパスから Path クラスのインスタンスを作成します。そのあとで touch メソッドを実行します。

import pathlib

p = pathlib.Path('./test/uesr.txt')
p.touch()

サンプルプログラム

それでは簡単なサンプルプログラムを作って試してみます。テキストエディタで次のように記述したあと、 sample10-1.py という名前で保存します。

import pathlib

p = pathlib.Path('./test/client.txt')
p.touch()

プログラムと同じディレクトリの中に test という名前のディレクトリがあり、 test ディレクトリの中に次のようにファイルとディレクトリが含まれています。

ファイルを作成する(1)

その後で、次のように実行してください。

python sample10-1.py

ファイルを作成する(2)

指定したパスが示すファイルが作成されました。

ファイルを作成する(3)

ファイルを削除する

既存のファイルを削除するには pathlib モジュールで用意されている Path クラスの unlink メソッドを使用します。

Path.unlink(missing_ok=False)

パスが示すファイルを削除します。省略可能な 1 番目の引数に True を指定すると、対象のファイルが存在しなくてもエラーになりません。

実際の使い方ですが、まず作成するファイルを示すパスから Path クラスのインスタンスを作成します。そのあとで unlink メソッドを実行します。

import pathlib

p = pathlib.Path('./test/uesr.txt')
p.unlink()

サンプルプログラム

それでは簡単なサンプルプログラムを作って試してみます。テキストエディタで次のように記述したあと、 sample10-2.py という名前で保存します。

import pathlib

p = pathlib.Path('./test/client.txt')
p.unlink()

プログラムと同じディレクトリの中に test という名前のディレクトリがあり、 test ディレクトリの中に次のようにファイルとディレクトリが含まれています。

ファイルを削除する(1)

その後で、次のように実行してください。

python sample10-2.py

ファイルを削除する(2)

指定したパスが示すファイルが削除されました。

ファイルを削除する(3)

-- --

Python の pathlib モジュールで用意されている Path.touch メソッドを使って新しくファイルを作成する方法、および Path.unlink メソッドを使って作成済みのファイルを削除する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。