値の変更

広告

辞書型のオブジェクトでは一度オブジェクトが作成された後で、各要素の値が参照するオブジェクトを変更することが出来ます。値が参照するオブジェクトを変更するには、キーを指定して取得した値に対して新しいオブジェクトを代入します。

辞書オブジェクト[キー] = オブジェクト

指定したキーの要素に含まれる値が参照するオブジェクトが変更されます。

具体的には次のように記述します。

dict = {"yamada":75, "endou":82}
dict["yamada"] = 78

print dict["yamada"]    # 78

指定したキーの要素が持つ値が参照するオブジェクトが数値の「75」から数値の「78」に変更になります。

サンプルコード

では実際に試してみます。

#coding: UTF-8

dict = {"itou":64, "yamada":75, "endou":82}
print dict

print 'dict["yamada"] = 78'
dict["yamada"] = 78
print dict

上記を「test3-1.py」として保存します。保存する時の文字コードはUTF-8です。そして次のように実行して下さい。

値の変更

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)