getdate関数の使い方(日時の値を個々に取得する)

PHP で用意されている組み込み関数の一つである getdate 関数の使い方です。 getdate 関数は日付情報を有する連想配列を取得します。

(2022 年 09 月 28 日公開 / 2022 年 09 月 28 日更新)

getdate関数の書式と基本的な使い方

getdate 関数は次のように定義されています。

getdate
array getdate([int timestamp])
日付情報を有する連想配列を取得します。2番目の引数にて取得したい日時
を指定しますが、省略された場合は現在の日時に関して取得します。

引数:
  timestamp  取得の対象となる日時
返り値:
  各値が格納された連想配列

下記のキーに対応する形で日付や時間に関する各値を取得します。

キー対応する値
"seconds"秒。数値0 to 59
"minutes"分。数値0 to 59
"hours"時。数値0 to 23
"mday"月単位の日。数値1 to 31
"wday"曜日。数値0 (日曜) から 6 (土曜)
"mon"月。数値。1 から 12
"year"年。4桁の数値例:1999 or 2003
"yday"年単位の日。数値0 から 365
"weekday"曜日。フルスペルの文字Sunday から Saturday
"month"月。フルスペルの文字January から December
0UNIX時(1970年1月1日)からの秒数通常は-2147483648 から 2147483647

使い方としては下記のようにいったん変数に「getdate」関数で値を取得してから、各値を連想配列のキーを指定して取得します。

$today = getdate();

print($today['month']);
print($today['hours'].'時'.$today['minutes'].'分'.$today['seconds'].'秒');
サンプルコード

では実際に試してみます。

<html>
<head><title>PHP TEST</title></head>
<body>

<?php

$today = getdate();

print($today['year'].'年'.$today['mon'].'月'.$today['mday'].'日');
print($today['hours'].'時'.$today['minutes'].'分'.$today['seconds'].'秒');

?>
</body>
</html>

上記ファイルを Web サーバに設置しブラウザ経由で見ると下記のように表示されます。

getdateのテスト

-- --

PHP で用意されている組み込み関数の一つである getdate 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

サイト内検索
広告