ノードを子ノードの中の指定ノードの前または後ろに追加(before,insertBefore,after)

広告

新しく作成したノードまたは既存のノードを、対象のノードの子ノードの中の指定ノードの前または後ろに追加する方法について解説します。指定ノードの前に追加するには ChildNode オブジェクトの before メソッド、または Node オブジェクトの insertBefore メソッド、指定ノードの後に追加するには ChildNode オブジェクトの after メソッド、を使います。 before メソッドと insertBefore メソッドは同じ目的で使用します。

ノードを子ノードの中の指定ノードの前に追加する(before)

ChildNode オブジェクトの before メソッドはノードを子ノードの中の指定ノードの前に追加します。書式は次のとおりです。

childnode.before(node[,node,...])

引数には追加する Node オブジェクトまたは DOMString オブジェクトを指定します。 DOMString オブジェクトを指定した場合はテキストノードに自動的に変換されて追加されます。複数のノードを指定した場合は、まとめて追加されます。

※ このメソッドは親ノードではなくノードを追加する基準となる指定ノードに対して実行する点に注意してください。

例えば追加するノードとして div タグの要素ノードを新しく作成し、追加先として id 属性が xxx のノードの前に追加するには次のように記述します。

let childnode = document.getElementById('xxx');
let child = document.createElement('div');

childnode.before(child);
サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>ノードの追加</title>
</head>
<body>

<p>今日は外でランチを食べました。</p>

<ul id="shopinfo">
  <li id="menu01">リストランテ南青山</li>
  <li id="menu02">東京都港区南青山</li>
</ul>

<p>美味しかったです。</p>

<button onClick="getElement();">ノードを追加</button>

<script>
function getElement(){
    let child = document.createElement('li');
    child.append('洋食屋');

    let childnode = document.getElementById('menu02');
    childnode.before(child);
}
</script>
</body>
</html>

表示されたボタンをクリックすると、まず li タグの新しい要素ノードとテキストノードを作成し、テキストノードを要素ノードに子ノードの最後に追加します。そのあとで id 属性が menu02 の要素ノードの前に先に作成した要素ノードを追加しています。

ノードを子ノードの中の指定ノードの前に追加する(before)

ノードを子ノードの中の指定ノードの前に追加する(insertBefore)

Node オブジェクトの insertBefore メソッドはノードを子ノードの中の指定ノードの前に追加します。書式は次のとおりです。

parentnode.insertBefore(node, childnode)

1 番目の引数に追加する Node オブジェクトを指定します。 2 番目の引数に指定した Node オブジェクトの前に追加されます。

例えば div タグの要素ノードを新しく作成し、 id 属性の値が xxx のノードの子ノードの中で id 属性の値が yyy のノードの前に追加するには次のように記述します。

let parentnode = document.getElementById('xxx');
let childnode = document.getElementById('yyy');
let child = document.createElement('div');

parentnode.insertBefore(child, childnode);

なお 2 番目の引数に null を指定すると、子ノードの最後に追加されます。

let parentnode = document.getElementById('xxx');
let child = document.createElement('div');

parentnode.insertBefore(child, null);
サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>ノードの追加</title>
</head>
<body>

<p>今日は外でランチを食べました。</p>

<ul id="shopinfo">
  <li id="menu01">リストランテ南青山</li>
  <li id="menu02">東京都港区南青山</li>
</ul>

<p>美味しかったです。</p>

<button onClick="getElement();">ノードを追加</button>

<script>
function getElement(){
    let child = document.createElement('li');
    child.append('洋食屋');

    let parentnode = document.getElementById('shopinfo');
    let childnode = document.getElementById('menu02');
    parentnode.insertBefore(child, childnode);
}
</script>
</body>
</html>

表示されたボタンをクリックすると、まず li タグの新しい要素ノードとテキストノードを作成し、テキストノードを要素ノードに子ノードの最後に追加します。そのあとで id 属性が shopinfo の要素ノードを取得し、その子ノードの中の id 属性が menu02 の要素ノードの前に先に作成した要素ノードを追加しています。

ノードを子ノードの中の指定ノードの前に追加する(insertBefore)(1)

ノードを子ノードの中の指定ノードの後に追加する(after)

ChildNode オブジェクトの after メソッドはノードを子ノードの中の指定ノードの後に追加します。書式は次のとおりです。

childnode.after(node[,node,...])

引数には追加する Node オブジェクトまたは DOMString オブジェクトを指定します。 DOMString オブジェクトを指定した場合はテキストノードに自動的に変換されて追加されます。複数のノードを指定した場合は、まとめて追加されます。

※ このメソッドは親ノードではなくノードを追加する基準となる指定ノードに対して実行する点に注意してください。

例えば追加するノードとして div タグの要素ノードを新しく作成し、追加先として id 属性が xxx のノードの後に追加するには次のように記述します。

let childnode = document.getElementById('xxx');
let child = document.createElement('div');

childnode.after(child);
サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>ノードの追加</title>
</head>
<body>

<p>今日は外でランチを食べました。</p>

<ul id="shopinfo">
  <li id="menu01">リストランテ南青山</li>
  <li id="menu02">東京都港区南青山</li>
</ul>

<p>美味しかったです。</p>

<button onClick="getElement();">ノードを追加</button>

<script>
function getElement(){
    let child = document.createElement('li');
    child.append('洋食屋');

    let childnode = document.getElementById('menu02');
    childnode.after(child);
}
</script>
</body>
</html>

表示されたボタンをクリックすると、まず li タグの新しい要素ノードとテキストノードを作成し、テキストノードを要素ノードに子ノードの最後に追加します。そのあとで id 属性が menu02 の要素ノードの後に先に作成した要素ノードを追加しています。

ノードを子ノードの中の指定ノードの後に追加する(after)

既存のノードを追加する

ノードの追加は新しく作成したノードだけではなく、同じドキュメントに追加されている既存のノードを追加することができます。その場合、現在の親ノードから対象のノードは削除されて新しく指定した親ノードの子ノードに追加されます。

例えば既に存在している id 属性の値が yyy の要素ノードを取得して、 id 属性の値が xxx の要素ノードの前に追加するには次のように記述します。

let childnode = document.getElementById('xxx');
let child = document.getElementById('yyy');

childnode.before(child);

この場合、追加されるノードはもともと追加されていた親ノードからは自動的に削除された上で新しい親ノードに追加されます。

※ childnode メソッド以外に insertBefore メソッドや after メソッドでも同じように既存のノードを追加することができます。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>ノードの追加</title>
</head>
<body>

<p>作業予定</p>

<ul>
  <li id="task01">ブログを書く</li>
  <li id="task02">写真の整理</li>
</ul>

<p>終了済</p>

<ul>
  <li id="task03">部屋の掃除</li>
  <li id="task04">書式の購入</li>
</ul>

<button onClick="getElement();">ノードを追加</button>

<script>
function getElement(){
    let child = document.getElementById('task01');

    let childnode = document.getElementById('task04');
    childnode.after(child);
}
</script>
</body>
</html>

表示されたボタンをクリックすると、既存の li タグの要素ノードを別の ul タグの指定した子ノードの後に追加します。この時、もともと追加されていた ul タグの親ノードからは自動的に削除されます。

既存のノードを追加する(1)

-- --

新しく作成したノードまたは既存のノードを、対象のノードの子ノードの中の指定ノードの前または後ろに追加する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。