Dateオブジェクトの値を指定のロケール形式にした文字列で取得する

広告

Date オブジェクトのインスタンスメソッドである toLocaleString は Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値を指定したロケールの形式で文字列として返します。 toLocaleDateString は日付の情報を、 toLocaleTimeString は時刻の情報をそれぞれ指定したロケールの形式で文字列として返します。ここでは Date オブジェクトの toLocaleString メソッド、 toLocaleDateString メソッド、そして toLocaleTimeString メソッドの使い方について解説します。

※ ロケールを指定する必要がない場合は「日付と時刻を文字列として取得する」をご利用ください。

日付と時刻を指定したロケールの形式で文字列として取得する(toLocaleString)

Date オブジェクトの toLocaleString メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値を指定したロケールの形式で文字列として返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.toLocaleString([ロケール[, オプション]])

Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値を文字列として返します。文字列の形式は引数に指定したロケールでの形式を使います。ロケールを省略した場合はブラウザに設定されているロケールを使用します。タイムゾーンはローカルの環境で設定されているタイムゾーンが使用されます。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();

console.log(d.toLocaleString());
>> 2020/10/15 8:16:09

console.log(d.toLocaleString('en-US'));
>> 10/15/2020, 8:16:09 AM

console.log(d.toLocaleString('ja-JP'));
>> 2020/10/15 8:16:09

console.log(d.toLocaleString('zh-CN'));
>> 2020/10/15 上午8:16:09

console.log(d.toLocaleString('fr-FR'));
>> 15/10/2020 a 08:16:09

現在の日時を持つ Date オブジェクトを作成したあと、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の情報をロケールを指定して文字列として取得しました。

日付を指定したロケールの形式で文字列として取得する(toLocaleDateString)

Date オブジェクトの toLocaleDateString メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付の値を指定したロケールの形式で文字列として返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.toLocaleDateString([ロケール[, オプション]])

Dateオブジェクトが持つ日付の値を文字列として返します。文字列の形式は引数に指定したロケールでの形式を使います。ロケールを省略した場合はブラウザに設定されているロケールを使用します。タイムゾーンについては toLocaleString メソッドと同じです。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();

console.log(d.toLocaleDateString());
>> 2020/10/15

console.log(d.toLocaleDateString('en-US'));
>> 10/15/2020

console.log(d.toLocaleDateString('ja-JP'));
>> 2020/10/15

console.log(d.toLocaleDateString('zh-CN'));
>> 2020/10/15

console.log(d.toLocaleDateString('fr-FR'));
>> 15/10/2020

現在の日時を持つ Date オブジェクトを作成したあと、 Date オブジェクトが持つ日付の情報をロケールを指定して文字列として取得しました。

時刻を指定したロケールの形式で文字列として取得する(toLocaleTimeString)

Date オブジェクトの toLocaleTimeString メソッドは、 Date オブジェクトが持つ時刻の値を指定したロケールの形式で文字列として返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.toLocaleTimeString([ロケール[, オプション]])

Dateオブジェクトが持つ時刻の値を文字列として返します。文字列の形式は引数に指定したロケールでの形式を使います。ロケールを省略した場合はブラウザに設定されているロケールを使用します。タイムゾーンについては toLocaleString メソッドと同じです。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();

console.log(d.toLocaleTimeString());
>> 8:32:10

console.log(d.toLocaleTimeString('en-US'));
>> 8:32:10 AM

console.log(d.toLocaleTimeString('ja-JP'));
>> 8:32:10

console.log(d.toLocaleTimeString('zh-CN'));
>> 上午8:32:10

console.log(d.toLocaleTimeString('fr-FR'));
>> 08:32:10

現在の日時を持つ Date オブジェクトを作成したあと、 Date オブジェクトが持つ時刻の情報をロケールを指定して文字列として取得しました。

-- --

Date オブジェクトの toLocaleString メソッド、 toLocaleDateString メソッド、そして toLocaleTimeString メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。